芸能

椎名林檎、芹那、「歌手&グラドルの実像」

 人の注目を引かねばならぬ仕事ゆえ、女優よりもさらに個性的なキャラが求められる歌手やタレントたち。素顔は意外と普通? それとも‥‥。

 まずは、男性から絶大な人気を誇る椎名林檎(34)。人気の秘密は独特の世界観にあるが、私生活ではそれに拍車がかかっているようだ。カルチャー誌編集者が明かす。

「とにかく同業者からモテる。でも性格はイメージ以上に破天荒で、他人の家庭に荒波を立てることで有名。以前、某有名男性ミュージシャンと彼女が飲んでいるところにわざわざ彼の奥さんを呼び、イチャイチャを見せつけ修羅場を演出。奥さんは怒り狂うわ、彼女は笑っているわでスゴかったですよ」

 また、紅白にも出場し、老若男女から好感度抜群。今やNHKお抱えのグループとさえ言えそうないきものがかりの素顔は、そのほのぼのした雰囲気とはずいぶん違うようで‥‥。

「紅白初出場の08年の頃は物腰も低く、放送後の打ち上げではお酌要員扱いでした。しかし昨年は、こちらには見向きもせず、大物感出しまくり。その変わりように驚いたというか、ガッカリというか‥‥」(音楽ライター)

 バラエティをにぎわすタレントはどうだろう。昨今、出演番組を軒並み増やしているものまね芸人・福田彩乃(24)も、キャラ格差が顕著な一人だという。

「キャラというか、もはや勘違い。例えば、食べ歩きロケの際には突然、『日焼けするとドラマに響くから』と発言。進行を変更せざるをえなくなり、待たされる他の芸人たちから『何のために現場に来てるんだ』と苦言を呈されていました。また、カメラが回っていないところでは共演者と距離を置き“女優オーラ”を出すのに必死です」(テレビ局関係者)

 同様に出まくりタレントの芹那(27)は、そのアニメ声とおバカな雰囲気が売りだが、素顔とのギャップを制作会社ディレクターが指摘する。

「意外と知られてませんが、学校では常にトップクラスの成績だったという秀才。現場でも隅々まで計算しています。テレビでのパンチラギリギリの衣装は本人の要望で、モデルと共演する際には比較されるのが嫌だとの理由で、『脚出しNG』を要求するプロフェッショナル。別に嫌みはありませんから、頭がいいんでしょう」

 芹那とは対照的に、才女が売りの眞鍋かをり(32)の素顔はというと‥‥。

「男性芸能人やスタッフの生年月日や血液型、趣味嗜好を聞き込み調査して集め、品定めするのが趣味のようです。それで顔もデータもタイプの男性がいれば、たとえADでもぐいぐいアプローチする超肉食系。インテリイメージ? う~ん、ないです(笑)」(ヘアメイク)

 さて、関係者の間でキャラ格差が“鉄板”と言われているタレントといえば、群を抜いているのが小倉優子(29)だ。彼女をよく知る芸能記者が言う。

「頭の回転が速く、しゃべり方も機敏というのは有名。また、結婚前の話ですが、取材開始時間になると、『今はそういう気分じゃないから』とどこかに行ってしまうことがよくあった。どうやらトイレで一服してくるようです。戻ってきた時には“ゆうこりん”に変わってますから、メリハリが効いています(笑)」

 対照的に、素顔もほとんど変わらないと評されるのがYOU(48)だ。

「ふだんも『何でも知っている姉さん』と慕われています。でも、それが作り話なことも多く、『あのコは二股かけている』『あのコはあの男の愛人』などとオモシロおかしく言い、現場を盛り上げていますが、迷惑を被っているタレントもいるそうですよ」(テレビ局関係者)

 やはり売れっ子は一筋縄ではいかない?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    春の“ゆらぎ肌”で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    春はさまざまな環境の変化から、肌トラブルが起こりやすい季節といわれます。朝晩の寒暖差、春風に舞う花粉などの刺激物質、暖かくなったことによる皮脂分泌の増加といった気候の変化に加え、新生活によるストレスなども、肌に影響を及ぼすようです。これらは…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    【一杯酒場】東京・蒲田「うなぎ家」

    97639

    うなぎ串焼からナポリタンまで「蒲田価格」を象徴する立ち飲み味と価格、両方にうるさい地元民が重視する「蒲田価格」を象徴するような「うなぎ家」は、立派なうなぎの串焼きをなんと1本300円で出す店。大将が「仕事帰りの人たちに、ポケットマネーで美味…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
“飯テロか?”指摘まで!浜崎あゆみ、「超肉感バックショット」にファン騒然
2
サラダやスープで…ナイナイ岡村の「胃袋をつかんだ」意外な相手とは?
3
「めちゃイケ」卒業の三ちゃん、重盛さと美もドン引きした異常すぎる性癖とは?
4
渋谷すばる退所で荒んでいた?錦戸亮が瑛太に中指立てフルボッコ被害が発覚!
5
人気歌手がブチ切れ「スッキリ」出演ボイコット?モデル“自撮り問題”の波紋