スポーツ

侍ジャパン3連覇への咆哮を聞け(4)「第2先発、中継ぎ、抑え…」

 昨年11月のキューバとの親善試合で先発し、2回を1安打無失点、4奪三振と好投した澤村拓一(24)は、その投球スタイルで高い評価を得た。

 速球に強いキューバの強力打線に対し、首脳陣の期待どおり、変化球を多投して翻弄したのだ。

 巨人では、原監督から出された今季の抑え転向構想に一度は「先発一本でやりたい」と難色を示していたものの、一転、「結果を残してこそポジションを取れる」と柔軟な姿勢に変化した。

 その背景にWBCがありはしないか。

 WBCでは投球数の制限があるだけに、先発だけではなく、第2先発、中継ぎ、抑えと役割は多くなるからだ。澤村には、そのどれにも応じられるのではないかと期待が高まっている。

 プロ入り前から、同世代を「田中、前田世代」と話し、若くしてプロの一線で活躍する2人をリスペクトしてきた澤村。

「早く彼らに追いつきたい」

 と筆者に語っていた2人と同じ舞台に立つチャンスを得て、このオフの自主トレでも快調だ。

「今年は、去年よりも一昨年よりも動けている。まっすぐも変化球も手応えを感じるし、体の状態はいちばんいい」

 と成果を話し、WBCでの使用球で遠投を行うなど、対策も講じてきた。

 最終メンバーに残れるかどうか、実績では当落線上と見られる澤村だが、持ち前の精神力の強さで、侍の一員として活躍する可能性は十分にあるだろう。

 さて、年が明けて、参加各チームの戦力も明らかになってきた。過去2度の大会で、いずれも日本に敗れて世界一を逃した因縁の韓国はもちろん、名将トーリ監督を迎えたアメリカも野球母国の威信と大会開催国の意地にかけて、今度こそ頂点を狙おうという意気込みが強い。

 その他にもベルトレ(レンジャーズ)、エンカーナシオン(ブルージェイズ)らを擁し超強力打線となるドミニカ共和国、昨年のア・リーグ三冠王カブレラ(タイガース)、ワールドシリーズMVPのサンドバル(ジャイアンツ)を有するベネズエラ、そしてカナダ、プエルトリコなどもメジャー選手を多く含み、準決勝、決勝で対戦することになれば侮ることはできない。

 しかも、今回は第1ラウンドからキューバと同組になったことで、もしかすると過去2大会以上の激戦になる可能性が十分にある。

 それでも侍ジャパンはひたすら頂点を目指すのだ。

 次週も、主力候補たちの静かに燃えたぎる3連覇への咆哮をお届けしたい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
2
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!
3
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
4
千原ジュニア、旅番組「地元の人との会話」で“口にできない悪印象”が判明!?
5
桐谷美玲、「バスト巨大化」噂は本当だった!?“豊かすぎバストライン”に騒然