政治

安倍論文(4)「戦争指示」を発令した中国

 西村氏は、

「米外交専門誌『ディプロマット』は『北京の湖』をそのままタイトルにして安倍論文を評価する論説を発表し、中国を牽制しました。『ウォール・ストリート・ジャーナル』も『日本の防衛において』という論説を掲載し、高い評価を与えています」

 と、他国の反応を紹介したうえで、中国包囲網とダイヤモンド構想、英仏軍事演習の現実味について次のように話す。

「実現度はかなりあります。というのは、日本だけが勝手に描いている構想ではないからです。昨年12月、フィリピンのロサリオ外相がイギリス紙『フィナンシャル・タイムズ』のインタビューに応じ、『日本には早く軍事力を増強してほしい。そして憲法を早く変えてほしい』と発言しています」

 フィリピンはまた、海上保安庁の古くなった巡視船10隻を払い下げてほしいとの要請を出している。

 では具体的に、軍事演習とは何をするのか。防衛省関係者によれば、

「島嶼防衛の一環です。尖閣のような小島が他国に奪われた時にどう取り戻すか。海上に敵艦隊、すなわち中国の船が出現したらどこまでのことをやるのか。日本とインドの混成チームにするとか、オーストラリアはどういう役割を担うかとか、さらには武器、燃料、食料の補給はどうするのか。それらはどこの飛行場に持ってくるのか、その飛行場はどの程度の規模の輸送機を離着陸させられるのか。そうしたことをシミュレーションしておくのです」

 ここで出てくるのが、フィリピンも望む、自衛隊を「国防軍化」するための憲法改正である。

「軍事演習の先に見据えているのは、もちろん集団的自衛権の行使。安倍総理は既成事実を作り、さらにフィリピンからの『外圧』などを理由にして、なし崩しに憲法改正に持っていきたい」(官邸担当記者)

 早くからダイヤモンド構想の存在を指摘していたジャーナリスト・森省歩氏は、安倍論文に書かれなかったもう一つの戦略について、こう解説するのだ。

「中国を軍事的に抑えつければいいという話ではなく、第一次安倍政権で言及した『戦略的互恵関係』、すなわち中国をつけあがらせないようにして経済協力を引き出すことです。表向きは殴り合いつつも、水面下では首脳同士がしっかりキンタマを握り合う。いわゆる『政冷経熱』の状態にしようとしているのです」

 当の中国は、安倍論文の挑発に反応したのか、1月14日の軍機関紙「解放軍報」によれば、総参謀部が「2013年全軍軍事訓練指示」の中で「戦争にしっかり備え、軍事訓練の実戦化を大いに強化せよ」「戦争能力を高めよ」と指示したという。

 森氏の言うように、これも日本を牽制するための、中国お得意のパフォーマンスなのか。「宣戦布告」に対する中国のさらなる反応が注目される。

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
2
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!
3
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
4
千原ジュニア、旅番組「地元の人との会話」で“口にできない悪印象”が判明!?
5
桐谷美玲、「バスト巨大化」噂は本当だった!?“豊かすぎバストライン”に騒然