芸能

「3年A組」川栄李奈が鼻から垂らした“ダイヤモンド”に拍手喝采!

 美術教師が生徒を人質に立てこもる展開が話題のドラマ「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)の第2話が1月13日に放送され、視聴率10.6%をマーク。2週続けて2ケタの大台を突破した。

 今回は教師役の菅田将暉が、自死した生徒の景山澪奈(上白石萌歌)をネット掲示板で誹謗中傷していた投稿者の正体を暴くべく、生徒たちに該当者はみずから名乗り出るように要求。一度はクラスメートをかばうために茅野さくら(永野芽郁)が名乗り出るものの、ついには宇佐美香帆(川栄李奈)が自分が犯人だと自供した。そのシーンで川栄が見せた演技に視聴者からの喝采が集まっているという。

「川栄は最初、菅田の説教に反抗的な態度を見せていたものの、上白石に嫌われたと思っていたのは勘違いだと知ったことで号泣。そのシーンがあまりにも真に迫っていたのです。川栄は耳まで真っ赤に染めるほどに顔を紅潮させ、相当に気持ちが入っていた様子が見て取れました。そして極めつけは鼻から垂らしていた鼻水。号泣した際には涙が鼻に流れ込みますが、そのためにはよほど大量の涙を流す必要があります。ここで川栄は目元からボロボロと文字通り落涙し、さらに鼻の下に光る鼻水を隠そうともせず、心の底からの悔恨ととも泣いている姿を演じ切ったのです」(テレビ誌のライター)

 お笑いの世界、中でもリアクション芸人などにとっては“ダイヤモンド”にも例えられる鼻水だが、川栄のような若い女優では見た目が損なわれることを嫌い、鼻水姿をさらしたくない者もいるようだ。ところがドラマの世界で語り継がれる号泣シーンには、このダイヤモンドが垣間見られるという。

「2011年10月期の『家政婦のミタ』(日本テレビ系)は、最終回が視聴率40%を記録するお化け作品に。同作で感情を見せない家政婦を演じた松嶋菜々子は、終盤でついに涙を流すようになり、鼻水まみれの号泣シーンで視聴者の心を打ちました。また05年の『1リットルの涙』では、ヒロインの沢尻エリカがタイトル通りに大量の涙を流し、見事なダイヤモンドを披露。この演技で19歳にして演技力の高さを印象づけたのです。ほかにも鼻水ダダ漏れの号泣シーンを披露した女優は多く、その多くはいまでも一線級で活躍しています。それゆえ川栄も今回の涙&鼻水で、演技派との評判をますます高めたことでしょう」(前出・テレビ誌ライター)

 そんな川栄に触発されて、今度は永野や上白石、もしくは目ヂカラモンスターと称される今田美桜らが美しいダイヤモンドを見せてくれるのか。号泣シーンへの注目度が高まりそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」