芸能

北川景子「家売るオンナ」、泉ピン子と舌戦&「ホームレス伏線」でツカミ万全?

 1月16日放送の北川景子主演ドラマ「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系)第2話の視聴率が、第1回から0.2%アップの12.9%と相変わらずの人気ぶりを見せた。今回のスペシャルゲストは、泉ピン子。北川が彼女の迫力あるセリフ回しにも負けず、さすがの存在感を見せた。2人のセリフの応酬が見ごたえがあり、視聴者からも〈泉ピン子 あんまり好きじゃなかったけど すっぴんでの熱演さすが。脚本がよくできてて感心してしまう。今クールNO1かも…〉という意見まで見られた。

 また、一見優男風に見える、留守堂(松田翔太)の静かに淡々と話すも、非常に計算高い役づくりにもさすがとうならせられる演技力を見せている。芸能デスクが言う。

「劇中、『家を売るためだ!』という、北川の決めゼリフが何度も出てきますが、その期待を裏切らず、家を売るためなら手段も選ばない行動に突っ走る展開が見どころのひとつ。北川といえば、03年の『美少女戦士セーラームーン』(TBS系)、12年の『悪夢ちゃん』(日テレ系)でのももクロとコラボなど、女優によっては断りそうな役どころでも、決して恥ずかしがらず視聴者を飽きさせない。そんな彼女の女優魂に、事務所サイドや製作陣も全幅の信頼を寄せているのが伝わってきます。また、このシリーズでは、北川は決して笑顔を見せない、“クールビューティ”を貫き、ツンデレに弱い男性には案外とそこがツボにハマるようですね。そして、どんなに仕事が忙しくても、ダンナのためにフルコースの食事を作り置きしておく妻という演出も、北川の実生活を彷彿させます。さらに、中間管理職という役柄上、年下のゆとり世代たちを指導するシーンもありますが《北川になら、一度で良いから叱られてみたい!》なんて男性の感想もネット上ではみられましたね」

 第3話では、LGBT同士の暮らしや住宅問題について触れるようだ。また、第2話で北川扮する万智が、“ホームレスとして暮らしていたことがある”、というのをなぜか留守堂が知っていた、という「伏線」の展開も気になる。

 謎だらけの万智の過去にも、今後、徐々にスポットが当たっていきそうで楽しみだ。昨年10月クールで放送された「獣になれない私たち」では、大惨敗を記録してしまった同枠だが、今期は平均視聴率10%超えの高め安定の予感さえする。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
いまだ和解できず!フジモンとバッファロー吾郎・木村が絶対共演しない理由
2
石川佳純が“極太棒”を手に…思わずニンマリの妄想爆発ショットとは?
3
あの「りさお姉さん」が強そうになってる!ガッチリ化にパパたちの涙
4
フジ永島優美、激し過ぎる本格ダンスでやっぱり見えちゃった“バストの奥”!
5
華村あすか、平成最後の仮面ライダー女優が夏の爽やか水着で魅了!