芸能

平成「美女スキャンダル」全史(4)<インタビュー>ビッグダディ元妻・美奈子が明かす「大家族と再婚」

 かつて、ゴールデンタイムで視聴率20%の背中を捉えた素人がいただろうか。平成末期の高視聴率大家族シリーズ「痛快! ビッグダディ」(テレビ朝日系)の主人公・林下清志氏の元妻で“ビッグマミィ”こと美奈子(35)が明かす当時のこと、今のこと‥‥。

──ダディと結婚したのは11年4月。その時からテレビに出る覚悟があった?

美奈子 彼は当初、シリーズを辞めるつもりでいたんです。でも、連れ子8人の彼と5人の私の再婚はおもしろそうと番組側に口説かれた。私はどっちでもよかったですね。

──四六時中、家に番組スタッフがいても平気?

美奈子 最初は違和感があったけど、2、3日で慣れました。ダディと喧嘩をしたら愚痴を言いに行くほど、家族のように親密でした。

──2人の激しい言い合いは、番組の見どころでもありました。

美奈子 お互い、我が強いから、育児を巡って「私はこうしたい」「俺はこういう人間だ」って。そんな彼を当時は「おっさんなのに子供みたい」と思っていたけど、今振り返ると、自由に生きていて楽しそう。いやあ、そう思うに至れた時の流れってすごいですね(笑)。

──その後、2年で離婚。6人の母の一方で、週刊誌で官能グラビアを披露し、自叙伝「ハダカの美奈子」(講談社)を出版した。

美奈子 グラビアは撮影前にダイエットしたんですが、やっぱり雑誌であらためて見ると恥ずかしかった(笑)。でも、肉が腰回りについているところとか、子供を産んだ“その時”にしか残せないものだから、いい記念になりましたね。

──番組出演以降、世間の反応は?

美奈子 最初の頃、一度だけネットの大型掲示板を読んでしまい、すごいことが書かれていて‥‥。以来、道で小声で会話している人を見ると、「私の悪口を言っているんだ」とビクビクするようになったんです。もともと楽観的な性格なだけに「これは異常だ」と思い、読むのをやめたら治りました。一方で、面と向かって「あなたの子育て大丈夫?」と言う人の話を私が素直に聞いていると、「意外といい子じゃない」と、仲よくなったりします(笑)。番組で喧嘩の場面がフィーチャーされていたから、そういう印象なのかも(笑)。それもまあ、私のありのままの一部ですけどね。

──15年に再婚して、昨年の12月に第8子を出産したばかり。今後の展望は?

美奈子 ずっと波乱万丈で生きてきたから、これからもそうかもしれません。平和すぎてもつまらないし、全てを楽しんで生きていきます。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」
5
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント