芸能

松田龍平&翔太の妹・ゆう姫がバラエティ初登場も「終始タメ口」に批判殺到

 両親や兄弟が偉大だとしてもこれはツッコまずにはいられない?

 松田龍平、松田翔太を兄に持つ歌手のゆう姫が1月30日に放送されたバラエティ番組「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)に出演。音楽ユニット「Young Juvenile Youth」のボーカルとして活動しているゆう姫だが、バラエティ番組に出演するのは今回が初めて。番組では伝説のスターである松田優作の印象や、兄2人とのエピソードなどについて語っている。そんなゆう姫は、よく長男の龍平に似ていると言われるそうだが、その独特な空気感も似てしまったようで、その自由すぎる出演態度が物議を醸している。

「共演者との会話は基本的にタメ口でした。番組MCのチュートリアルの徳井義実が、彼女が所属している音楽ユニットの名前を紹介すると、『ちゃんと言えた』と上から目線で話しており、徳井も『言えるわ。言えるわ、一応!』とツッコんでました。徳井もゲストということで気を遣って、失礼がないように接していたように見えましたが、ゆう姫はそんなこともお構いなしにタメ口を継続。徳井も毎回毎回タメ口でそっけいない返事が返ってきたこともあって、最終的には徳井も『歯車が全然合わへん』と、音を上げていました。ゆう姫は年齢を非公開としていますが、生まれて間もない頃に父が亡くなったということですから、年齢は30歳ほどでしょうが、年齢が10個以上年上の徳井にタメ口で話しているということに不快感を覚える視聴者も多かったようです」(エンタメ誌ライター)

 そのため、視聴者からは「敬語使えや」「何でタメ口なの? すごいのはあなた以外の家族だよ」「いい年したおばちゃんが敬語も使えないの」「出た出た、きちんとした言葉で話せない大物二世」「テレビ出しちゃダメなやつだろ」などといった批判が殺到した。

「また、自分のことを『ゆうき』と名前で呼んでいるということにも腹が立ったという指摘も多数見受けられています。ただ、ゆう姫も番組がスタートして20分後にツイッターを更新して《あの、、やさしい気持ちで見守ってください》と投稿していましたから、本人としても自分のタメ口が気になってしまったのでしょう。とはいえ、バラエティ初出演ということもあり、緊張していたようですが、その緊張が完全に悪い方向に出てしまいましたね」(前出・エンタメ誌ライター)

 以降、バラエティ番組に彼女が呼ばれなかった時には、今回の番組でのイメージが痛手になったという解釈で間違いないだろう。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あわや放送事故!?高橋ひかる、「20分間スカート奥見え」の“騒然”瞬間とは
2
真木よう子、「青のSP」で噴出「演技力とバスト激揺れは反比例」考察とは?
3
有働由美子が「ヤクザ親分交友」激白!?新幹線で話が弾んだ「おじさん」の正体
4
アンジャ渡部が豊洲市場で働いていた!「撮影者は連行」厳戒態勢を関係者が激白
5
木村拓哉は外された?松本潤、「どうする家康」主演抜擢の裏で飛び交う憶測