芸能

「カムカム」で川栄李奈と息ピッタリの本郷奏多、私生活でも意外な共通点が?

 NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で、川栄李奈演じる3代目ヒロイン・ひなたの相手役、五十嵐文四郎を演じているのが本郷奏多。

“無愛想な男”こと五十嵐はスターを夢見ながら今は斬られ役をしている、大部屋の下っ端俳優。ひなたとの初対面で舌打ちをするなど険悪な雰囲気で登場し、そのインパクトが強く、また川栄との息ピッタリな演技もSNS上で話題になっている。

 そんな五十嵐を演じている本郷はキッズモデルを経て、2002年に俳優デビュー。端正な顔立ちではあるものの、映画「キングダム」の成キョウ役や、現在公開中の「嘘喰い」の目蒲鬼郎役など、癖の強い役柄で個性を発揮し、「カムカム─」でもその持ち味を発揮している。

 一癖ある役柄が似合う本郷だが、以前、プライベートもかなりユニークだと話題になったことがある。

「2015年8月、『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演した際、本郷が自宅で過ごす様子を撮影した映像を公開。ほぼベッドの上で生活をしており、ゲームをする姿や、ポテトチップスを箸で食べる姿が映され、主食はグミやポテトチップスとナレーションが流れました。また、ものすごい数のガンプラのコレクションも紹介され、個性的なインドア生活が当時SNS上でも反響を呼びました」(芸能ライター)

 ただし昨年2月、自身の公式YouTubeチャンネルでは、伝えられた私生活の一部を訂正。

「『お食事食べますからね。グミとポテチしか食べないわけないでしょ。死んじゃうから』と主食がグミとポテチについては否定しています。ただ、いずれにせよ過去のバラエティ番組などで、本郷の潔癖症や偏食はよく知られるところ。ちなみに偏食で言えば、川栄もかつてバラエティ番組で“虫を食べるのが好き”として、ざざ虫を美味しそうに食べて視聴者をザワつかせたこともあるだけに、どこか似た者同士の共演なのかもしれません」(テレビウオッチャー)

 今後もそんな2人の掛け合いに注目したい。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化