芸能

イモトアヤコの鼻血が汚い?「家売るオンナの逆襲」視聴率急降下の“理由”

 美人女優の北川景子が、目を大きく見開いて「GO!」と叫ぶシーンが印象的なドラマ「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ)。2016年に放送された第1シリーズは、平均視聴率11.6%で、最終回は13.0%の高視聴率をマークした。現在放送中の第2シリーズも、初回の平均視聴率は12.7%と好スタートを切り、第2話では12.9%とポイントを上げた。しかし、第3話は11.4%と1.5ポイントも急降下し、1月30日に放送された第4話は10.7%になってしまった。

 視聴率急落の原因について、さるテレビ誌ライターは「イモトアヤコ演じる白洲美加にある」と断言する。

「第2話で、主人公・三軒家万智(北川)のライバルとしてフリーランスの不動産屋・留守堂(松田翔太)が主要キャストに加わりました。彼は、三軒家が務めるテーコー不動産の社員行きつけのバーに通うようになります。そこには、白州がバイトとして働いているのですが、イケメンの留守堂に興奮して鼻血を出しまくるシーンがあり、それが視聴者からは『イモトの鼻血汚い』とドン引きされたのです。第4話では、臼田あさ美扮するバーのママ・こころの不在シーンが多くイモトばかりが出てきました。これも『イモトは出さなくてもいい』と不評でした」

 視聴者から嫌われているのは、白州だけでない。テーコー不動産の新人、鍵村洋一(草川拓弥)と床嶋ゆかり(長井短)。この2人、とにかく労働意欲が欠如していて「新人ウザい」と視聴者をイラつかせている。

 視聴率V字復活のカギは、白州の登場シーン減と新人2人の労働意欲の目覚めにかかっているようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・渡会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
4
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」
5
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人