芸能

イモトアヤコの鼻血が汚い?「家売るオンナの逆襲」視聴率急降下の“理由”

 美人女優の北川景子が、目を大きく見開いて「GO!」と叫ぶシーンが印象的なドラマ「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ)。2016年に放送された第1シリーズは、平均視聴率11.6%で、最終回は13.0%の高視聴率をマークした。現在放送中の第2シリーズも、初回の平均視聴率は12.7%と好スタートを切り、第2話では12.9%とポイントを上げた。しかし、第3話は11.4%と1.5ポイントも急降下し、1月30日に放送された第4話は10.7%になってしまった。

 視聴率急落の原因について、さるテレビ誌ライターは「イモトアヤコ演じる白洲美加にある」と断言する。

「第2話で、主人公・三軒家万智(北川)のライバルとしてフリーランスの不動産屋・留守堂(松田翔太)が主要キャストに加わりました。彼は、三軒家が務めるテーコー不動産の社員行きつけのバーに通うようになります。そこには、白州がバイトとして働いているのですが、イケメンの留守堂に興奮して鼻血を出しまくるシーンがあり、それが視聴者からは『イモトの鼻血汚い』とドン引きされたのです。第4話では、臼田あさ美扮するバーのママ・こころの不在シーンが多くイモトばかりが出てきました。これも『イモトは出さなくてもいい』と不評でした」

 視聴者から嫌われているのは、白州だけでない。テーコー不動産の新人、鍵村洋一(草川拓弥)と床嶋ゆかり(長井短)。この2人、とにかく労働意欲が欠如していて「新人ウザい」と視聴者をイラつかせている。

 視聴率V字復活のカギは、白州の登場シーン減と新人2人の労働意欲の目覚めにかかっているようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
坂本勇人スキャンダルでも懲りず…巨人「女性暴行」メジャー追放投手を獲りたいって!?
2
「松本人志はすでに終わっている」ケンコバ元相方が痛烈コキ下ろしの「分析力」
3
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
4
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
5
「日本ハムは今年も最下位になる」高木豊のダメ出しVS新庄監督…ガチンコ激突の行方