芸能

仲間由紀恵「オトコ経験が足りず悪女役に色気が全然ない」

 初回が視聴率11.4%、第2話が12.2%、第3話が9.4%に急落。第4話が8.0%‥‥。仲間由紀恵(33)の主演ドラマ「サキ」(フジテレビ系)が超低空飛行中だ。内幕を探っていくと制作側の問題に加え、仲間自身の“内なる問題”も見えてきて‥‥。

「『サキ』の視聴率低迷にも仲間は特に落ち込まず撮影に臨み、しっかり共演者やスタッフに気を遣っている。周囲は仲間をもり立て何とか視聴率をアップさせようと躍起になっているところです」(フジ関係者)

 一昨年に放送された仲間主演の「美しい隣人」と同一の主人公が、標的の男たちを手玉に取り破滅に追い込む「サキ」は、キャラ設定では完全な「悪女」。ところが、この仲間がどうにも迫力不足だという。作家の麻生千晶氏は、まず物語自体がおかしいと、辛口の評価。

「人間関係が描けておらず、話の展開はダラダラ。斬新な驚きもなく不自然な展開も目立ちます。例えば、初回で工場を経営している両親が経営悪化で幼い娘を捨てたというんですが、自分が食べなくても子供には食べさせるのが親。で、工場を立て直し7年後に弟を産む? そんな活力があれば娘を捨てなかったはずです。

 サスペンスとは心の内をうまく表現するものなのに、これじゃ、とうていサスペンスにならない。日本のドラマで『悪女』がうまく描かれたためしはないですが、仲間さんもこんなドラマに出てたらダメになるだけです」

 一方、前出・テレビ関係者は、仲間自身が抱える問題点をこう解説する。

「彼女はデビュー以来、清純派女優で売り出し、所属事務所が箱入り娘のように大事に育ててきた。恋愛もご法度で、NHK大河『功名が辻』で共演した上川隆也(47)との熱愛を一部スポーツ紙が報じた時は、事務所幹部が激怒し、書いた記者を呼び出したほど。以前、交際が報じられた俳優の田中哲司(46)とは続いているようですが、恋愛経験が少ないこともあってか、とても悪女を演じられる深みはなく、演技が薄っぺらで、色気も出ない」

 これまで仲間をブレイクさせたドラマといえば、「TRICK」(テレビ朝日系)と「ごくせん」(日本テレビ系)の2主演作で、ともに映画化されるほど大ヒット。しかし、どちらの主人公も「サキ」とは正反対の明るく元気なキャラだった。

 映画関係者が明かす。

「実際、『TRICK』『ごくせん』とも続編制作のオファーがありましたが、事務所側が『女優に作品の色が付くのがイヤ』と断り続けた。確かにここ数年の主演ドラマでは『ジョシデカ!』(TBS系)と『ゴーストママ捜査線』(日テレ系)で女刑事に、『アンタッチャブル』(テレ朝系)では事件記者に扮し、役の幅を広げようとしたが、いずれのドラマも当たらなかった。とはいえ、事務所の社長が芸能界の実力者で次々出演オファーが舞い込むため、じっくり役作りを考えるヒマもない。このままでは“低視聴率女王”と呼ばれるのも時間の問題かもしれません」

 しかし、ここに来て、仲間もいよいよ背に腹は代えられなくなってしまったようだ。

「『ごくせん』の映画版最新作の製作について水面下で調整に入っているようです。ドラマの続編は断ったようだが、『映画なら』と事務所サイドがようやく前向きになった」(前出・映画関係者)

 09年公開の「ごくせん THE MOVIE」の興収は34.8億円。もう「ヤンクミ」に頼るしかない!?

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
これが人気美女ベスト5人「美ボディ改造」最前線だ(2)新垣結衣は1日3リットル以上の水を飲み…
2
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
3
野茂英雄や佐々木主浩でもない…田尾安志、“最強直球投手”に江川卓を挙げた理由
4
桑子真帆、上沼恵美子が分析した“結婚する気はなかった”ワケ
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(4)「あさチャン!」での思い切ったカミングアウト