芸能

朝日奈央、「鼻からダラダラ垂れ流す」も尼神インター誠子に惜敗!

 アイドル時代に鍛えたバラエティ対応力に定評のある朝日奈央が、またもや新たな一面を見せてくれた。2月5日放送の「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ系)にて、まさかの“鼻うがい”に挑戦してみせたのである。その様子をテレビ誌のライターが振り返る。

「この日はゲストの橋本環奈をもてなすネタをガヤ芸人たちが持ち寄る中、ひな壇の最上段で『ハイッ!』と朝日が元気よく手を挙げた姿には『つーか芸人じゃねえし!』と度肝を抜かれました。こういった場で元アイドルが繰り出すネタと言えば、ローラやクレヨンしんちゃんのショッパイものまねと相場は決まっていますが、さすが朝日はモノが違います。ここで彼女は水の入ったペットボトルを取り出し、『鼻うがいしながら山手線の駅を全部言う』という荒業の“ノーリアクション鼻うがい”に挑戦。対戦相手には尼神インター・誠子を指名し、女性同士とは思えない体を張った芸を見せたのです」

 先攻の朝日はティーンモデル出身の美貌ながら、鼻うがいのノズルをぐいぐいと鼻の穴に挿入し、あられもない姿でスタンバイ。本番に入ると反対の鼻の穴からたらたらとダイヤモンドならぬうがい水を垂れ流しつつ、何食わぬ顔で半分ほどの駅名をそらんじてみせたのである。

「その雄姿にはルックスの差もあって朝日の勝利は確定かと思ったのですが、対する誠子もノーリアクション芸では百戦錬磨の猛者。いざ本番になると、朝日のほうがジョウロ程度の排水量だったのに対し、誠子のほうはジョバジョバと湧き水のように鼻からうがい水をダダ漏れさせ、それでいて顔は眉一つ動かさないというみごとなノーリアクションぶりで、経験の差を見せつけました。番組では引き分けになったものの、視聴者には勝ち負けがわかっていたはず。とはいえ元アイドルが誠子と五分の勝負を繰り広げたこと自体が驚きでしたね」(前出・テレビ誌ライター)

 アイドリング!!!の出身者では、菊地亜美に次ぐテレビタレントに成長した朝日。アイドル時代からのファンは大喜びしているに違いないことだろう。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ピエール瀧に続く「薬物芸能人」の“名前”リストを一挙公開する!
2
太川陽介&蛭子能収の新旅番組「初回放送」で明らかになった“問題点”とは?
3
太田光、喧嘩相手ぜんじろう“一人勝ち”もネット民が大反論でカオス状態!?
4
いまだ和解できず!フジモンとバッファロー吾郎・木村が絶対共演しない理由
5
フジ「東大医学部卒新人アナ」入社で「居場所がなくなる先輩アナ」の実名!