芸能

朝日奈央、「鼻からダラダラ垂れ流す」も尼神インター誠子に惜敗!

 アイドル時代に鍛えたバラエティ対応力に定評のある朝日奈央が、またもや新たな一面を見せてくれた。2月5日放送の「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ系)にて、まさかの“鼻うがい”に挑戦してみせたのである。その様子をテレビ誌のライターが振り返る。

「この日はゲストの橋本環奈をもてなすネタをガヤ芸人たちが持ち寄る中、ひな壇の最上段で『ハイッ!』と朝日が元気よく手を挙げた姿には『つーか芸人じゃねえし!』と度肝を抜かれました。こういった場で元アイドルが繰り出すネタと言えば、ローラやクレヨンしんちゃんのショッパイものまねと相場は決まっていますが、さすが朝日はモノが違います。ここで彼女は水の入ったペットボトルを取り出し、『鼻うがいしながら山手線の駅を全部言う』という荒業の“ノーリアクション鼻うがい”に挑戦。対戦相手には尼神インター・誠子を指名し、女性同士とは思えない体を張った芸を見せたのです」

 先攻の朝日はティーンモデル出身の美貌ながら、鼻うがいのノズルをぐいぐいと鼻の穴に挿入し、あられもない姿でスタンバイ。本番に入ると反対の鼻の穴からたらたらとダイヤモンドならぬうがい水を垂れ流しつつ、何食わぬ顔で半分ほどの駅名をそらんじてみせたのである。

「その雄姿にはルックスの差もあって朝日の勝利は確定かと思ったのですが、対する誠子もノーリアクション芸では百戦錬磨の猛者。いざ本番になると、朝日のほうがジョウロ程度の排水量だったのに対し、誠子のほうはジョバジョバと湧き水のように鼻からうがい水をダダ漏れさせ、それでいて顔は眉一つ動かさないというみごとなノーリアクションぶりで、経験の差を見せつけました。番組では引き分けになったものの、視聴者には勝ち負けがわかっていたはず。とはいえ元アイドルが誠子と五分の勝負を繰り広げたこと自体が驚きでしたね」(前出・テレビ誌ライター)

 アイドリング!!!の出身者では、菊地亜美に次ぐテレビタレントに成長した朝日。アイドル時代からのファンは大喜びしているに違いないことだろう。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」