スポーツ

大坂なおみだけじゃない!グランドスラム制覇後のボロ負けは当たり前?

 女子テニス世界1位の大坂なおみが2月19日のドバイ選手権で、まさかの初戦敗退を喫した。2回戦から登場した大坂は世界67位のクリスティナ・ムラデノビッチ(フランス)に3-6、3-6のストレート負け。世界1位に上り詰めてから初の試合を勝利で飾ることができなかった。

 その大坂は先日、2年間タッグを組んでいたサーシャ・バインコーチと決別。ファンやメディアからはこの別れが今回の敗戦を招いたとの声もあがっている。だが大坂の敗戦はむしろ、近年の女子テニス界におけるトレンドに沿ったものだというのだ。スポーツライターが指摘する。

「このところ、グランドスラムに勝利した選手がスランプに陥るパターンが続出しているのです。16年の全仏でGS初優勝を果たしたガルビネ・ムグルサ(スペイン)は、次戦のマヨルカで初戦敗退。翌17年には全英でふたたびGSで優勝するも、昨年はランキング10位から陥落しています。また、シモナ・ハレプ(ルーマニア)は昨年の全仏にて悲願のGS初優勝を飾りましたが、続く全英では格下の謝淑薇に3回戦で敗退。全米では1回戦負けを喫し、さらには背中の負傷により年末のWTAファイナルで欠場を余儀なくされました」

 ほかにも07年の全米オープンでGS初優勝を果たしたスローン・スティーブン(アメリカ)は、翌年の全豪と全英で1回戦負け。16年にGSで2勝を挙げたアンゲリク・ケルバー(ドイツ)は、翌年の全仏と全米で1回戦負けに終わっている。

「女子テニスはここ3年、絶対女王が不在の戦国時代を迎えています。大坂よりも前にGSを連覇したのは、14年全米~15年全英で4連勝の“セリーナ・スラム”を達成したセリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)までさかのぼり、そこから13大会はすべて優勝者が異なっていました。このように各選手の実力が拮抗している現在、大坂がドバイで1回戦負けを喫したことにも、大騒ぎする必要はないでしょう」(前出・スポーツライター)

 世界67位に負けた大坂だが、彼女自身も昨年第1週のランキングは世界68位に過ぎなかった。日本のファンは急成長を遂げた大坂に対し、期待が過ぎるのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
2
岡副麻希、チラっと見えショットに「アンダーウェアかインナーか!?」議論勃発
3
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
4
深田恭子、多部未華子と永野芽郁との「ホロ酔い姿」公開!一番艶っぽいのは誰?
5
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”