スポーツ

大坂なおみだけじゃない!グランドスラム制覇後のボロ負けは当たり前?

 女子テニス世界1位の大坂なおみが2月19日のドバイ選手権で、まさかの初戦敗退を喫した。2回戦から登場した大坂は世界67位のクリスティナ・ムラデノビッチ(フランス)に3-6、3-6のストレート負け。世界1位に上り詰めてから初の試合を勝利で飾ることができなかった。

 その大坂は先日、2年間タッグを組んでいたサーシャ・バインコーチと決別。ファンやメディアからはこの別れが今回の敗戦を招いたとの声もあがっている。だが大坂の敗戦はむしろ、近年の女子テニス界におけるトレンドに沿ったものだというのだ。スポーツライターが指摘する。

「このところ、グランドスラムに勝利した選手がスランプに陥るパターンが続出しているのです。16年の全仏でGS初優勝を果たしたガルビネ・ムグルサ(スペイン)は、次戦のマヨルカで初戦敗退。翌17年には全英でふたたびGSで優勝するも、昨年はランキング10位から陥落しています。また、シモナ・ハレプ(ルーマニア)は昨年の全仏にて悲願のGS初優勝を飾りましたが、続く全英では格下の謝淑薇に3回戦で敗退。全米では1回戦負けを喫し、さらには背中の負傷により年末のWTAファイナルで欠場を余儀なくされました」

 ほかにも07年の全米オープンでGS初優勝を果たしたスローン・スティーブン(アメリカ)は、翌年の全豪と全英で1回戦負け。16年にGSで2勝を挙げたアンゲリク・ケルバー(ドイツ)は、翌年の全仏と全米で1回戦負けに終わっている。

「女子テニスはここ3年、絶対女王が不在の戦国時代を迎えています。大坂よりも前にGSを連覇したのは、14年全米~15年全英で4連勝の“セリーナ・スラム”を達成したセリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)までさかのぼり、そこから13大会はすべて優勝者が異なっていました。このように各選手の実力が拮抗している現在、大坂がドバイで1回戦負けを喫したことにも、大騒ぎする必要はないでしょう」(前出・スポーツライター)

 世界67位に負けた大坂だが、彼女自身も昨年第1週のランキングは世界68位に過ぎなかった。日本のファンは急成長を遂げた大坂に対し、期待が過ぎるのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
4
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
5
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”