芸能

「家売るオンナ」北川景子、「股開き連発」でサトエリの揺れ胸を瞬時“公開処刑”!

 2月20日に放送された北川景子主演ドラマ「家売るオンナの逆襲」(日テレ系)の第7話の視聴率は11.0%。前回とほぼ変わらない2ケタ台をキープした。同回は、かつて豊かな胸を持つ美女ばかりを集めたことで知られた伝説の芸能事務所・イエローキャブに所属し、中でも、ずば抜けたプロポーションの持ち主と言われたサトエリこと佐藤江梨子(現・ノックアウト所属)の久々の民放連ドラ出演回となり話題を集めた。中でも、北川景子扮する三軒家万智と佐藤扮する朝倉雅美が、意中の物件を巡ってボウリング対決をするシーンに視聴者が釘付けとなったようだ。芸能ライターが解説する。

「対決が始まると、朝倉がジャケットを脱いで、ふわりとしつつも体型がわかるブラウス1枚になった。で、ボールを投げる際に、体を前傾させ、その反動でたわわな胸がみごとに大揺れするシーンがあったんです。その後、同じくアウターを脱いだ万智(北川)が、小ぶりなものの、形のいい胸を持つことがはっきり認識できるニット姿になりました。ただし、胸のボリュームでは、さすがの北川も完敗かと思われた。ところが、次の瞬間、『今まで一度もボウリングをしたことがない』という設定の万智がボールを両手に持ち、股を大きく開いてガニ股になったんです。さらに、ボールを持ったままのその両腕を股間に入れるようにして、ヒップの下あたりから前へと両腕を動かしてボールをレーンに投げる、という奇妙な投げ方を披露した。これには、佐藤の“胸揺れ”も一瞬で“公開処刑”された形でしたね。北川はその後も何度も奇妙な、それでいて艶っぽさ全開の、その投げ方で連投したんです」

 ネット上では〈萌えすぎる〉〈フォームが最高すぎるw〉〈北川景子があんなポーズでボウリングやらされるなんて誰も思ってなかったやろな〉〈北川景子ちゃんにあんなことやらせるなんてすごい〉〈ボウリングの球と北川景子の顔の小ささを見比べてしまった〉など様々な驚きの声があがったものだ。

 2月27日放送の第8回では、ゲストとして泉谷しげるが庭野(工藤阿須加)の父親役で登場。さらに、万智の夫である屋代(仲村トオル)が、忙しすぎる妻に構ってもらえない寂しさから、不貞行為を犯すかもしれないという。私生活では、夫・DAIGOが北川にゾッコンで、今のところは不貞報道の気配など微塵もない様子だが、北川が扮する“仕事はできるがモテる女性ではない”役どころの万智が、どう夫婦仲を修復していくのかも見どころになりそうだ。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化