スポーツ

東京五輪野球は「オールプロ」!“抜き打ち発表”に「国内組織が崩壊」の懸念

 日本の野球組織を分裂させてしまうかもしれない。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会のHPで“衝撃的な文言”が記載されていた。野球・ソフトボール競技についてだ。

〈アメリカに次ぐ野球大国と称される日本において、(中略)アテネと北京では、全てプロ選手で臨むドリームチームを編成しており、東京2020大会も同様だろう〉

 野球・ソフト競技が東京五輪の追加種目の当選を目指していた時、プロ、アマチュア組織が一体となってロビー活動を行い、共同してキャンペーン活動も繰り広げてきた。そのため、東京五輪を戦う侍ジャパンはプロアマ混合チームになると目されてきたのに、〈全てプロ選手で〉と記載されているのだ。プロアマ混合チーム説については、

「そういう方向だと聞いた人もいれば、『正式には決まっていない、これから話し合う』と言う要人もいました」(球界関係者)

 実際、清宮幸太郎が高校最後の夏に挑む前だった。進学かプロ入りかで揺れていた時期で、当時、「東京五輪に出場したいですか」の質問も受けている。プロ志望の強かった清宮が、進学の可能性を捨てきれなかった理由の一つに東京五輪への夢があるとされ、裏を返せば、こうした経緯からしても、「出場枠を確保できる」と解釈するアマチュア球界の関係者は少なくなかったのだ。

 HP上の文言通りになれば、追加競技に当選するために活動してきたアマチュア各組織は“ムダ骨”ということになる。

「野球競技の参加は6カ国です。1勝すればメダル確実、出場国は今秋のプレミア12の成績を加味して決定されますが、日本のアマチュア野球のレベルはむしろ高いほうです。昨夏のアジア大会でアマ選抜チームはオールプロで臨んだ韓国と決勝を争いました」(前出・球界関係者)

 現在、稲葉篤紀監督率いる侍ジャパンは3月9日から始まるメキシコ代表チームとの強化試合にオールプロのメンバーで臨む。五輪本番を戦ううえで、若手をテストする最終ステージと位置づけていた。12球団から主力級のメンバーを集めるのか、若手とのバランスをはかるのかもまだ決まっていないという。

 抜き打ちに近い形で東京五輪はオールプロの動きが出てきたことにより、アマチュア球界との関係に亀裂が生じなければいいのだが…。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
菅野美穂、「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に続々不評の「イタいポイント」