スポーツ

東京五輪野球は「オールプロ」!“抜き打ち発表”に「国内組織が崩壊」の懸念

 日本の野球組織を分裂させてしまうかもしれない。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会のHPで“衝撃的な文言”が記載されていた。野球・ソフトボール競技についてだ。

〈アメリカに次ぐ野球大国と称される日本において、(中略)アテネと北京では、全てプロ選手で臨むドリームチームを編成しており、東京2020大会も同様だろう〉

 野球・ソフト競技が東京五輪の追加種目の当選を目指していた時、プロ、アマチュア組織が一体となってロビー活動を行い、共同してキャンペーン活動も繰り広げてきた。そのため、東京五輪を戦う侍ジャパンはプロアマ混合チームになると目されてきたのに、〈全てプロ選手で〉と記載されているのだ。プロアマ混合チーム説については、

「そういう方向だと聞いた人もいれば、『正式には決まっていない、これから話し合う』と言う要人もいました」(球界関係者)

 実際、清宮幸太郎が高校最後の夏に挑む前だった。進学かプロ入りかで揺れていた時期で、当時、「東京五輪に出場したいですか」の質問も受けている。プロ志望の強かった清宮が、進学の可能性を捨てきれなかった理由の一つに東京五輪への夢があるとされ、裏を返せば、こうした経緯からしても、「出場枠を確保できる」と解釈するアマチュア球界の関係者は少なくなかったのだ。

 HP上の文言通りになれば、追加競技に当選するために活動してきたアマチュア各組織は“ムダ骨”ということになる。

「野球競技の参加は6カ国です。1勝すればメダル確実、出場国は今秋のプレミア12の成績を加味して決定されますが、日本のアマチュア野球のレベルはむしろ高いほうです。昨夏のアジア大会でアマ選抜チームはオールプロで臨んだ韓国と決勝を争いました」(前出・球界関係者)

 現在、稲葉篤紀監督率いる侍ジャパンは3月9日から始まるメキシコ代表チームとの強化試合にオールプロのメンバーで臨む。五輪本番を戦ううえで、若手をテストする最終ステージと位置づけていた。12球団から主力級のメンバーを集めるのか、若手とのバランスをはかるのかもまだ決まっていないという。

 抜き打ちに近い形で東京五輪はオールプロの動きが出てきたことにより、アマチュア球界との関係に亀裂が生じなければいいのだが…。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
清原和博の新庄監督批判がますます浮く?江夏豊・田淵幸一の「太鼓判」発言
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!