スポーツ

川淵三郎、「東京五輪バスケ出場のためなら」で「助っ人帰化強行」に厳しい声!

 バスケットボールは男女ともに東京五輪の出場を確実にしていない。ホスト国は自動的に出場というアドバンテージを国際バスケットボール連盟(FIBA)が認めない方針を決めたからだが、そのため、躍起になっていたのが日本バスケットボール協会のエグゼクティブアドバイザーの川淵三郎氏だ。

「東京五輪出場を確実にするには、まず、ワールドカップに出場しなければなりません」(体協詰め記者)

 その予選で、日本はいきなり4連敗を喫した。その後、破竹の8連勝で第一関門は何とかクリアしたものの、日本国内からはシビアな声も聞かれた。

「帰化選手のニック・ファジーカスの活躍によるものです」(前出・体協詰め記者)

 ファジーカスはBリーグ初代MVPで、得点王にも輝いた。日本の連敗がストップしたのは、このファジーカスと、アメリカのゴンザガ大在学中の八村塁(ゴンザガ大)が合流後にストップした。八村は父親がベナン人で、高校までは日本で過ごしたが、ハイレベルなバスケを学ぶため、アメリカに渡った(日本国籍)。こうした外部補強で予選突破を果たしたため、「日本のバスケはまだ強くなっていない」という厳しい評価も聞かれた。

「海外合宿を行うなど、代表チームの強化に日本協会は必死にやってきました。一方で、まだ代表になっていない日系人の発掘やスカウティングも続けてきました」(特派記者)

 帰化選手を日本代表入りさせる方法は、Jリーグチェアマン時代にも見せている。川淵氏は一部メディアのインタビューに応じ、「カタールの首都ドーハは、私にとってどうしても『ドーハの悲劇』を思い出してしまう場所。1993年にサッカー日本代表がイラクに敗れて、W杯初出場を目前で逃した悲しい記憶だったが、今回、バスケット日本代表が『ドーハの歓喜』に塗り替えてくれた」とも話していた。バスケの決戦の地も同じカタールだったのも因縁めいたものを感じさせるが、こんな調子では、たとえ東京五輪に出場できたとしても、心から応援できないという人も出てきそうだ。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
2
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
3
「シブがき隊転倒」「明菜に帰れコール」…歌番組の「放送事故」を全部バラす!
4
「辞めなきゃよかった」中居正広・米倉涼子がホンネを漏らした独立の“後悔”
5
下半身をボロン!有村昆が夢中になった「女優Tの正体」にネットが熱視線