政治

今度は「未成年淫行」疑惑!田畑毅議員、2週連続で暴かれた「卑劣手口」

 過去にも信じがたい蛮行に及んでいたのか。2月28日発売の「週刊文春」が、自民党を離党した田畑毅衆院議員の未成年淫行疑惑を報じた。

 田畑氏といえば、2月21日発売の「週刊新潮」がSNSで知り合った交際女性との醜聞を報道。記事によると、田畑氏は名古屋市在住の20代彼女の一糸まとわぬ寝姿や、彼女との行為などを無断で盗み撮り。しかも泥酔して意識のないのをいいことに妊娠を避けることをせずに、一方的に行為に及んだこともあったという。同日、田畑氏は自民党を離党。

 だが、これだけではなかった。今度は2月28日発売の「週刊文春」が過去の女性トラブル疑惑をスクープしたのだ。

「2010年のことだそうです。その頃、都内に行政書士事務所を開設していた田畑氏は当時16歳で高校2年生のA子さんにSNSのミクシィで接近。『ちょっとおじさんだけどいい?』などと、軽い調子で声をかけてきたそうです。その後、A子さんをしつこく食事に誘い、結局、会って食事をしたんですが、その“初デート”でいきなりホテルのスイートに入り、A子さんに行為を迫りました。A子さんが頑なに拒否し、幸いにもその時は難を免れたそうです」(週刊誌記者)

 しかし、田畑氏は執拗にその後もアプローチを続行。ついにA子さんは折れ、大学受験の相談のつもりで田畑氏の事務所へ。ところが、田畑氏は相談に乗るどころか、A子さんに行為を迫って力任せに押さえつけ、蛮行に及んだという。妊娠を避けることはせず、行為の様子をビデオで撮影していたというから、開いた口がふさがらない。A子さんの証言が事実であれば、田畑氏は強制性交等罪(5年以上の懲役)に問われる可能性も出てきた。27日、田畑氏は議員辞職願を提出し、認められる方向だ。

「これで、田畑氏の“手口”や“性癖”が明らかになったと言えるでしょう。SNSで接近し、しつこく誘って部屋やホテルに誘い込む。そこで強引に迫り、妊娠を避ける製品を使わず行為に及び、その模様を撮影。そして、時には盗み撮りもする…」(前出・週刊誌記者)

 文春の記事によれば田畑議員は「大人の夜の玩具」も好きなようで、段ボール箱にぎっしり入った「怪しい器具」を蛮行の直前、A子さんに見せながら、「試してみるか?」と聞いてきたという。2月28日現在、一連の疑惑について何の説明しないまま辞職するとみられている田畑議員は、せめて議員としての最後の責任は果たすべきだ。

(石田英明)

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
隙間から見えてる!?島崎遥香、カメラに映っちゃった「美バスト」にファン熱視線
2
石川佳純のバストが急成長中!?大人ボディへの進化に戸惑う声も…
3
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”
4
「反則すぎだよ」の声も!「特捜9」、伊東四朗のセリフにファン感涙のワケ
5
乃木坂46、「46時間テレビ」で続出した「艶っぽ突発事態」にファン過剰反応