芸能

芸能美女の超意外なアスリート伝説(1)中学時代のきゃりーは「スプリントモンスター」だった!

 2020年東京五輪に向けて盛り上がっているスポーツ界。芸能界の美女たちにも実はオリンピックも狙えたほどの逸材がこんなにいるのだ!

     *

 カモシカのような脚でグラウンドを疾走するスプリンターたち。失礼ながらそのイメージと程遠いのがきゃりーぱみゅぱみゅだが、なんと、中学時代は陸上部に所属し、100メートルを13秒で駆け抜けていた。ツイッターに当時の写真をアップすると、走る姿勢のよさも話題になったのだから、ファッションモンスターならぬスプリントモンスターだ。

 80年代を代表するアイドルグループ「おニャン子クラブ」のセンターも務めた国生さゆりは、筋金入りの健脚。芸能評論家の織田祐二氏が言う。

「おニャン子に入るまでは、陸上短距離走のインターハイ広島県代表選手だったんです。100メートルのベストタイムは12秒8を記録しました」

 バレンタインだけではなく、インターハイまで「明日は特別、スペシャルデー♪」だったのか。

 広末涼子といえば、地元・高知での「よさこい祭り」にハマる姿が有名だが、さすがにそれだけではなく、ハイジャンプでも名手だった。

 陸上部の顧問に「キミのラジオ体操に惚れた」と強烈な口説き文句を浴びて陸上部に入り、走り高跳びで県大会2位に入賞。ハードルと駅伝も得意で、今なお若々しいのは陸上の賜物のようだ。

 息の長い活動を続ける今井美樹は、宮崎県の高校代表として81年に横浜で行われたインターハイに出場。しかも、400メートルリレーと、100メートルハードルの両方で出場したというから、超一流。モデルとして女性ファッション誌の表紙を飾ることも多いが、ベースはそこにあったのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性