芸能

次課長河本、パチスロで生活する芸人に「クズ発言」も世間からは総ツッコミ!

 本人としてはいいツッコミができたつもりだったのかもしれないが、思わぬ反応となってしまったようだ。

 お笑いコンビ「2700」のツネと八十島が、21日に放送されたバラエティ番組「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(テレビ東京系)に出演。この日は「今キテる! 成功者&転落芸人SP」のテーマで放送され、11年に「♪右ひじ左ひじ交互に見て」というリズムネタでブレイクするも現在は仕事が激減した同コンビが登場。ツネと八十島の対照的な生活ぶりが明かされている。

 ツネには3人、八十島には2人の子どもがいる一家の大黒柱。そのため、芸人としての収入が少ないぶん、どちらも副業を頑張っているとのことで、ツネは不動産会社に就職。週3~4日働いて月収は20~30万円ほど得ているそうだ。

 一方の八十島は「パチスロで生活してやろうと思ったんですよ」と決意。最初はビギナーズラックで勝ち続けていたが、3カ月目から収支がマイナスになったそう。ただ、パチスロ集団を束ねるファンの男性と出会い、勝てるノウハウを学んだところ、現在は毎月30万円ほどをスロットで稼いでいるとのこと。

 とはいえ、普通に考えれば収入源が確実に安定するというわけでもないため、八十島のパチスロで生計を立てるという意気込みを聞いた番組MCの次長課長の河本準一は「大きな声で言うてるけど、とんでもないクズ発言」とツッコミを入れ、「(パチスロの)プロで稼ぐのは相当大変」と、自身の知る情報からパチプロで生活をすることは厳しいと言及している。

 しかし、この河本の発言に対して世間からは「河本、アンタの方がクズだよ」「いやいや、不正受給のお前が言うんかい」「税金じゃなくて、自分の資金でパチスロをしているなら別に良くない?」など、八十島ではなく、河本の過去の騒動を引き合いに出して、批判する声が上がっている。

「河本といえば、自身に十分な収入があるのにもかかわらず、母親が生活保護を15年に渡って受給していたことが12年に発覚。明らかな不正受給ですが、河本は母親に『タダでもらえるんならもらっとき』とか『もろとけばいいんや』と、不正受給を促していたと当時、報じられていました。そのため、パチスロで生計を立てるという八十島の決意よりも、どちらかと言えば、この河本の発言のほうがクズ発言ですから、その過去を知る世間の人々から掘り返されてしまったようですね」(エンタメ誌ライター)

 とりあえず、河本としてはよほどのことがない限りは今後、他人をクズ扱いしないほうがいいだろう。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ
2
蛭子能収より“クズ!?スギちゃんの「ポンコツ言動」
3
どっちなの!?浜崎あゆみ、夜の公園に登場も「チグハグな姿」に総ツッコミ
4
「肌着ライン透け」疑惑まで!吉岡里帆のゾンビムービーがかわいすぎるッ
5
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!