芸能

「爺さんの次は嫁?」DAIGOの“北川景子ネタ”に視聴者が飽き始めていた!

 2月26日、「スッキリ」(日本テレビ系)に出演した、タレントのDAIGOだが、そこで話し始めた妻・北川景子とのラブラブぶりが視聴者に反感を買っている。

「DAIGOは日テレの『幸せ!ボンビーガール』のMCを務める際、前もって北川と台本の読み合わせをして練習に付き合ってもらっていたことを明かし、さらに『平成で起きた印象的な思い出』を聞かれると、『“KKKK”かな』と答え、『KK(北川景子)と結婚ね』と、おのろけ発言を連発したんです」(テレビウオッチャー)

 その直後に放送された「バゲット」で青木源太アナのインタビューを受けたDAIGOは、自身が青木アナを「青源」と呼ぶことについて、「ウチの奥さんも家で呼んでて」とまたもや北川を登場させ、「これだけはないとダメだなと思うものは?」の質問に、「それはやっぱりOS(奥さん)じゃない?」と、照れる様子もなく語ったのだ。

「この夫婦の場合、一般的にウケがいい印象から、DAIGOの愛妻家ぶりに称賛の声があがると思っていました。ところが今回、SNS上ではかなりの数の批判投稿が見られたんです。そのほとんどが、《また嫁のネタ?》という、もう飽き飽きといったものでした」(ネットウオッチャー)

 しかもその内容は、〈お爺ちゃんとのコラボの次はヨメとのコラボか〉〈音楽の才能ないDAIGOはタレントとして落ち目の時に北川景子に救われた〉とかなり辛辣だ。

「確かに、本業のアーティストとしてはパッとしないDAIGOは当初、お爺ちゃんの竹下登元首相を含めた華麗なる政治家の血縁ネタに加え、そぐわない突飛なキャラで認知度を得てきました。しかも、血縁ネタが枯れ始めたところで好感度の高い北川を伴侶に迎えた点は、まさに勝ち組と言えます。ただし今回の反応を見ても、近ごろはその血縁ネタに代わる嫁ネタの連発で、確実に視聴者の反感を買い始めている。ゴールデンのバラエティー番組を多く抱えているだけに、これが致命傷を招かなければいいのですが」(芸能記者)

 そろそろ嫁ネタも卒業したほうがいいかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
宇垣美里は論外!?吉川美代子が斬った田中みな実・小川彩佳との女子アナ力の差
2
滝クリがおもてなし婚で見返した!?あの同期アナに“敗北し続けた”青学時代
3
ビッグダディ元妻・美奈子のドキュメンタリー番組で気になる中島知子の“いま”
4
浜崎あゆみ「暴露本」では語られていない“本当にヤバい過去”
5
“デキ婚”とは言わせない!サラブレッドハンター滝川クリステルの威光ぶり