芸能

黒幕はまさかの…「3年A組」の最終回が名作ファミコンゲームの再現になる?

 いったい黒幕は誰なのか。ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)の第9話が3月3日に放送され、水泳部のエース・景山澪奈(上白石萌歌)を自死に追い込んだ黒幕の正体探しがますますヒートアップしている。

 第9話の終盤では、景山の親友だった学級委員長の茅野さくら(永野芽郁)が、「私が澪奈を殺したの」との爆弾発言。しかしこのセリフをもってしても永野が黒幕だとは断定できず、真相はますます闇の中だ。その状況で一部の視聴者からは、ある登場人物が黒幕の一人として怪しまれているというのだ。テレビ誌のライターがささやく。

「瀬ヶ山署の刑事として物語の序盤から出ずっぱりだった宮城遼一(細田善彦)です。宮城は、校舎立てこもり事件の犯人である美術教師・柊一颯(菅田将暉)の協力者を次々と排除。自らの上司だった五十嵐徹理事官(大友康平)、そして戦隊ドラマ制作会社社長の相良孝彦(矢島健一)は、宮城刑事の告発で捕まっています。そして第9話のラストシーンでは屋上にいる柊が銃撃されますが、刑事の宮城なら銃の扱いにも慣れているはず。彼が黒幕である可能性は十分に高いのです」

 そんな推理をめぐって、50代以上の年配視聴者は「これはあのファミコンゲームの再現に違いない!」と興奮しているというのだ。それはいったいどんなゲームなのか。

「ファミコン黎明期の名作ゲームとして名高い、推理アドベンチャーの『ポートピア連続殺人事件』です。同ゲームではプレーヤーが“ボス”となって事件を捜査しますが、その相棒でゲーム冒頭から登場する“ヤス”が真犯人というオチ。そこから『犯人はヤス』というネットスラングが生まれたほどでした。そしてドラマ『3年A組』でも、柊を追い詰める郡司真人刑事(椎名桔平)の腰ぎんちゃくが宮城で、そのポジションはまさにヤスそのもの。それゆえ年配ファンの間では、宮城にはヤスと同じように蝶のアザがあってほしいなどと盛り上がっているのです」(前出・テレビ誌ライター)

 その「ポートピア連続殺人事件」では、プレーヤーが選べるコマンドに「すいりしろ」(推理しろ)があった。これはまさに、本ドラマのキーワードである「Let’s think」(考えろ)そのもの。まさか「3年A組」が34年前のゲームへのオマージュだったとしたら、実に味わい深いことだろう。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」