芸能

あの素晴らしい「昭和大ヒット曲」をもう一度(5)石井明美「CHA-CHA-CHA」

 86年の「男女7人夏物語」(TBS系)の主題歌「CHA-CHA-CHA」でデビューした石井明美(53)。オリコン1位を獲得し、第59回選抜高校野球大会の入場行進曲にも採用された。

──86年のオリコン年間1位は「CHA-CHA-CHA」で、2位は中森明菜の「DESIRE」、3位が少年隊の「仮面舞踏会」というデータがあります。

石井 自分では実感はなくて、なにしろ当時、歌を出したものの、家族にも友達にもデビューしたことはずっと隠していたくらいですから。で、何かの番組で私がレコードを持って出たのが最初のテレビ出演。それで家族にバレちゃった(笑)。

──隠していた理由はあるんですか?

石井 六本木のカラオケスナックでアルバイトをしていた頃にスカウトされて、ずっと断っていたんです。けど、スカウトの方の「1曲出して売れなかったら辞めたらいい」という言葉でやる気になったので、家族にも「売れなかったら辞めるから」ってタンカを切って。当時、美容師を目指していて、まさか歌手になることは考えてもいませんでした。けど、そのあともたくさん曲を出させていただいて、生涯の仕事になりました。

──歌詞にも出てくる「辛口セクシー」が、まさにピッタリな雰囲気でしたね。

石井 クールというか、しゃべらないキャラを演じてたんです。あの頃はインタビューの受け答えが苦手で、余計なことを言っちゃう性格。だったら、しゃべらないのが一番。それを意識していたら、物静かなイメージがいつの間にかついちゃってました。

──転機になったのは、世界的に大ヒットした「ランバダ」(90年)のカバーですか?

石井 これもヒットしたんですけど、明るい曲に合わせて、じゃあ、もうしゃべるキャラでもいいんじゃないかって。

──最近のバラエティー番組では、波乱万丈な人生を語っていますよね。

石井 離婚したり、飲んだりしている話ですか(笑)。決して泥沼離婚したわけじゃないので、そんなに波乱に満ちた人生でもないですよ(笑)。今は趣味の合う飲み友達と再婚して、これからの余生を楽しもうかと思ってます。

──全国各地で行われているコンサート「夢のスター歌謡祭」は、出演者の中でも若手かと思いますが。

石井 そうなんです。53歳なんですけどいちばん年下で、しかもデビューがいちばん遅い。今、一緒にステージに立っている方々は、ずっと小さい頃にテレビで見ていた人ばかり。昔のベストテン番組に出ているスターの方々と一緒にコンサートを開いているような感じなので、時々信じられない思いでいっぱいになります。

──若手とはいえ、盛り上がりでは負けていませんね。

石井 私が33年間歌ってきた「CHA-CHA-CHA」が、あらためて多くの方に愛されている理由がわかってきました。あの曲、全部がサビみたいなものですから。すぐに「アイウォナダンストゥユー」に行くんですから、それは盛り上がりますよね。

 でも、持ち歌は他にもいっぱいあるので、「CHA-CHA-CHA」以外にもたくさん聴いていただきたいです。ダメ出しばかりで時間がかかって、チャチャチャッと歌えなかった曲もあるけど、それもいい思い出ですね(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった