芸能

あの素晴らしい「昭和大ヒット曲」をもう一度(5)石井明美「CHA-CHA-CHA」

 86年の「男女7人夏物語」(TBS系)の主題歌「CHA-CHA-CHA」でデビューした石井明美(53)。オリコン1位を獲得し、第59回選抜高校野球大会の入場行進曲にも採用された。

──86年のオリコン年間1位は「CHA-CHA-CHA」で、2位は中森明菜の「DESIRE」、3位が少年隊の「仮面舞踏会」というデータがあります。

石井 自分では実感はなくて、なにしろ当時、歌を出したものの、家族にも友達にもデビューしたことはずっと隠していたくらいですから。で、何かの番組で私がレコードを持って出たのが最初のテレビ出演。それで家族にバレちゃった(笑)。

──隠していた理由はあるんですか?

石井 六本木のカラオケスナックでアルバイトをしていた頃にスカウトされて、ずっと断っていたんです。けど、スカウトの方の「1曲出して売れなかったら辞めたらいい」という言葉でやる気になったので、家族にも「売れなかったら辞めるから」ってタンカを切って。当時、美容師を目指していて、まさか歌手になることは考えてもいませんでした。けど、そのあともたくさん曲を出させていただいて、生涯の仕事になりました。

──歌詞にも出てくる「辛口セクシー」が、まさにピッタリな雰囲気でしたね。

石井 クールというか、しゃべらないキャラを演じてたんです。あの頃はインタビューの受け答えが苦手で、余計なことを言っちゃう性格。だったら、しゃべらないのが一番。それを意識していたら、物静かなイメージがいつの間にかついちゃってました。

──転機になったのは、世界的に大ヒットした「ランバダ」(90年)のカバーですか?

石井 これもヒットしたんですけど、明るい曲に合わせて、じゃあ、もうしゃべるキャラでもいいんじゃないかって。

──最近のバラエティー番組では、波乱万丈な人生を語っていますよね。

石井 離婚したり、飲んだりしている話ですか(笑)。決して泥沼離婚したわけじゃないので、そんなに波乱に満ちた人生でもないですよ(笑)。今は趣味の合う飲み友達と再婚して、これからの余生を楽しもうかと思ってます。

──全国各地で行われているコンサート「夢のスター歌謡祭」は、出演者の中でも若手かと思いますが。

石井 そうなんです。53歳なんですけどいちばん年下で、しかもデビューがいちばん遅い。今、一緒にステージに立っている方々は、ずっと小さい頃にテレビで見ていた人ばかり。昔のベストテン番組に出ているスターの方々と一緒にコンサートを開いているような感じなので、時々信じられない思いでいっぱいになります。

──若手とはいえ、盛り上がりでは負けていませんね。

石井 私が33年間歌ってきた「CHA-CHA-CHA」が、あらためて多くの方に愛されている理由がわかってきました。あの曲、全部がサビみたいなものですから。すぐに「アイウォナダンストゥユー」に行くんですから、それは盛り上がりますよね。

 でも、持ち歌は他にもいっぱいあるので、「CHA-CHA-CHA」以外にもたくさん聴いていただきたいです。ダメ出しばかりで時間がかかって、チャチャチャッと歌えなかった曲もあるけど、それもいい思い出ですね(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子が結婚できない理由はペットにあらず!本当の原因は別だった?
2
千眼美子、台湾で見せた「肉体の激艶変化」に男性ファンが騒然!
3
常盤貴子、美麗ドレス姿の“クビレ”に称賛の嵐も胸に「ある疑惑」が急浮上!
4
中山美穂、49歳の「不貞ベッドシーン」挑戦に“肉食本性”炸裂を期待する声!
5
田中みな実、“ワイヤー入りの胸用肌着を使用”でロケット胸強調が加速!