芸能

舘ひろし、ひさびさの「あぶ刑事」感が他局の別ドラマで炸裂したワケとは?

 3月4日放送のスペシャルドラマ「警視庁SP特命係」(TBS系)で主演を務めた舘ひろし。舘が演じたのは“鉄壁”と呼ばれる敏腕SPの不破武志。かつて薬物乱用対策推進担当大臣を襲撃から護れず、SPを引退。しかし担当大臣の妻・奈美恵(浅野温子)が夫の遺志を継いで同大臣に就任。警護に不破(舘)を指名したため、SPに復帰するといった内容だ。

「舘も浅野も重厚な演技をしていたのですが、どうしても2人がそろうと『あぶない刑事』(日本テレビ系)を思い出してしまい、柴田恭兵の不在を残念がる視聴者が少なくなったようです。ネット上では『あぶ刑事』で舘が演じていた鷹山敏樹こと通称タカ、浅野が演じていた真山薫こと通称カオルを懐かしみ、『タカがカオルを奈美恵さんと呼ぶことに超違和感』『奈美恵って言ったら安室しか浮かばない』『タカの隣には葛山信吾じゃなくて柴田恭兵がいてほしい』『あぶ刑事を知らない世代なら素直に見られるかもしれないけど、内容があぶ刑事世代向けでツライ』『これ見てたらあぶ刑事を見たくなった』といった声があがりました」(テレビ誌ライター)

 舘と浅野が2人で並ぶとそれだけで絵になるのは確かだが、「あぶ刑事」を思い出すなというほうが無理なことではないだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
2
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
3
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
4
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
5
メジャー戦力外の上沢直之にバブル到来!「アメリカでプレー続行」困難で日本球界の獲得マネーゲームが始まる