スポーツ

「昭和・平成」有名人の衝撃自死(2)伊良部秀輝、引退直後から暗転した悲運

 開幕まで1カ月を切った米メジャーリーグ。イチローの凱旋出場はあるのか、打者専念の大谷翔平はどんな記録を残すのか、今年から挑戦の菊池雄星の投球は通じるのか──と日本人の活躍だけでも見どころがいっぱいだが、日本球界で、そしてメジャーで華々しい活躍をしながら悲しき最期を遂げた選手がいる。

 ロッテや阪神、そしてメジャーリーグでは名門ヤンキースなどで活躍した、伊良部秀輝投手である。

「1997年にヤンキース入りし、98年にはワールドシリーズ制覇貢献。アジア人として初めてチャンピオンリングを獲得しました。一方で暴れん坊キャラとしても有名で、球団や監督との揉め事も少なくありませんでしたが、あの名門チームでローテーションの一角を任された実力は、まさにワールドクラスでした」(スポーツ紙記者)

 そんな伊良部さんが、LAの自宅で首を吊って死亡しているのが発見されたのは、11年7月のことだった。

「引退直後にうどん店などをオープンさせるも、これを軌道に乗せることができずに家族とも別居。あの大きな体をもてあますように寂しい日々を送っていたそうです。あげく、08年には大阪のガールズバーで暴行事件を起こして逮捕(不起訴処分)。10年にも、LA近郊で飲酒運転の疑いで逮捕されています。ただ、結局どこからもオファーは来なかったものの、最後まで野球に携わる仕事に就くことを強く望んでいたといいます」(前出・スポーツ紙記者)

 野球ファンを、そしてメジャーを驚かせた、あの豪快な投球の記憶よ永遠に。

(露口正義)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「好きなの選んで」!中居正広、「ナカイの窓」最終回ロケで大盤振る舞いの理由
2
ピエール瀧の逮捕で「新たな芸能人逮捕」の動きが加速する理由!
3
羽賀研二「稀代のワル」の履歴書(1)梅宮父娘が背負わされた借金の全容!
4
ガッキーとの行為を自慢?関ジャニ・錦戸亮が女遊びを改めないワケ
5
ASKA、石野卓球のコメントを称賛で判明した「チャゲに望んでいたこと」