芸能

「昭和・平成」有名人の衝撃自死(7)牧伸二、“疑惑”説明の当日に「投身」した!

 3月10日、ピン芸人日本一を決める「R─1ぐらんぷり2019」(フジテレビ系)が放送された。「R─1」は、お笑いショーレースの「M─1グランプリ」、「キングオブコント」と並ぶ大タイトル。この数年、優勝者が必ずしもブレイクするとは限らないものの、芸人たちの真剣勝負への注目度は高い。

 お笑いファンの中で、この3大タイトルに次ぐ支持を集めているのが、13年からスタートした、「歌ネタ王決定戦」(MBS)だ。

「関西ローカルでの放送のため、全国的な注目度はそこまで高くないものの、緊張感漂う3大タイトルとは違い、番組は音楽ネタの持つ軽妙でライトな雰囲気そのままに“明るく楽しく純粋に楽しめる”と、ファンはもとより出場芸人たちにも好評。業界視聴率の高さでも知られています」(放送作家)

 だが、この大会が初めて開催された13年、歌ネタのレジェンドともいうべき一人の芸人が、寂しくこの世を去っている。「あ~あ~あ、やんなっちゃった」のフレーズに社会批評を乗せて歌う、“ウクレレ漫談”の牧伸二さん(享年78)である。同年4月29日、牧さんは多摩川で投身自死と見られる衝撃的な死を遂げたのだ。

「99年、牧さんは浅草を中心に活動する芸人たちの任意団体『東京演芸協会』の会長に就任し、会員たちのために働いていましたが、牧さんが管理していた500万円以上の協会の資金の行方が不明になり、協会内から牧さんを追及する声が上がっていたといいます。牧さんは500万円を用意し、事の経緯を4月28日の理事会で説明をする予定だったといいますが、連絡がないままこれを欠席。翌日、東京大田区の橋から転落死を遂げていたことがわかりました」(お笑い関係者)

 30日に行われた緊急理事会のあと、協会は「牧会長の使い込みの噂はあったものの、事実ではないと信じている」と、牧さんの名誉を汚すことのないよう配慮された浅草芸人らしい“粋なコメント”が発表された。

 ともあれ、牧さんが存命であれば、いやになっちゃうことばかりの今の日本社会を、あのフレーズに乗せてどう批評したのか-。聞いてみたかったものだ。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
小林麻耶、「キンスマ」出演に「芸能界を引退したんじゃなかった?」の大合唱
2
もはや捨て駒状態の「あなたの番です」、次回作は賀来賢人のコメディか!?
3
ノー肌着orT型!? 青木愛、「ヒップ割れ目が見える」歩き姿に視聴者が大興奮
4
デキ婚で納得!川栄李奈、「家政夫のミタゾノ」の扱われ方に「変だった」の声
5
「チコちゃん」に出演?「新しい地図」テレビ完全復帰までの仰天プラン