芸能

「昭和・平成」有名人の衝撃自死(7)牧伸二、“疑惑”説明の当日に「投身」した!

 3月10日、ピン芸人日本一を決める「R─1ぐらんぷり2019」(フジテレビ系)が放送された。「R─1」は、お笑いショーレースの「M─1グランプリ」、「キングオブコント」と並ぶ大タイトル。この数年、優勝者が必ずしもブレイクするとは限らないものの、芸人たちの真剣勝負への注目度は高い。

 お笑いファンの中で、この3大タイトルに次ぐ支持を集めているのが、13年からスタートした、「歌ネタ王決定戦」(MBS)だ。

「関西ローカルでの放送のため、全国的な注目度はそこまで高くないものの、緊張感漂う3大タイトルとは違い、番組は音楽ネタの持つ軽妙でライトな雰囲気そのままに“明るく楽しく純粋に楽しめる”と、ファンはもとより出場芸人たちにも好評。業界視聴率の高さでも知られています」(放送作家)

 だが、この大会が初めて開催された13年、歌ネタのレジェンドともいうべき一人の芸人が、寂しくこの世を去っている。「あ~あ~あ、やんなっちゃった」のフレーズに社会批評を乗せて歌う、“ウクレレ漫談”の牧伸二さん(享年78)である。同年4月29日、牧さんは多摩川で投身自死と見られる衝撃的な死を遂げたのだ。

「99年、牧さんは浅草を中心に活動する芸人たちの任意団体『東京演芸協会』の会長に就任し、会員たちのために働いていましたが、牧さんが管理していた500万円以上の協会の資金の行方が不明になり、協会内から牧さんを追及する声が上がっていたといいます。牧さんは500万円を用意し、事の経緯を4月28日の理事会で説明をする予定だったといいますが、連絡がないままこれを欠席。翌日、東京大田区の橋から転落死を遂げていたことがわかりました」(お笑い関係者)

 30日に行われた緊急理事会のあと、協会は「牧会長の使い込みの噂はあったものの、事実ではないと信じている」と、牧さんの名誉を汚すことのないよう配慮された浅草芸人らしい“粋なコメント”が発表された。

 ともあれ、牧さんが存命であれば、いやになっちゃうことばかりの今の日本社会を、あのフレーズに乗せてどう批評したのか-。聞いてみたかったものだ。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
2
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
村上佳菜子「こぼれ出るバスト」「ドテ高」が大注目された「脱ポチャ」ボディ
4
「有村架純のバストを揉みしだく」禁断映像の一斉配信に異常興奮と嫉妬の嵐!
5
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論