芸能

「電話の謎」がついに判明!?橋本環奈、「ゴミ捨て場締め出され」事件の全容を告白

 ファンも気になっていたようやくあの謎が解けた!

 橋本環奈が3月8日放送の情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)にVTR出演。1人暮らしをスタートさせたばかりの頃に経験したアクシデントを明かしている。

 橋本はゲストがスタジオ出演者たちにクイズを出題するコーナー「クイズッス」に登場。橋本は2年前から1人暮らしをスタートさせたことを説明したうえで、「夜にあることが起きてとても怖い思いをしました。それはいったい何でしょう」という問題を出題。

 正解としては鍵を持たずにパジャマでゴミを捨てに行ったら、そのままドアが開かなくなってしまい、「ゴミ捨て場から家に入れなくなってしまった」というセキュリティーがしっかりしたマンションで一人暮らしをしている人なら一度は経験したことがあるであろう内容だった。

 橋本によれば携帯電話も持っていなかったため、誰かに助けを求めることもできなかったという絶体絶命な状況だったそう。しかし、偶然、マンションに帰宅するサラリーマンが通りかかったため、そのサラリーマンから携帯電話を貸してもらい、すぐに母に電話。母に頼んでマネージャーに電話をかけてもらい、マネージャーさんに助けにきてもらい、無事にゴミ捨て場から脱出することができたそうだ。

 橋本にとっては忘れられない悲劇のエピソードだったようだが、このエピソードを聞いたファンからは「このエピソード前から気になってたんだよね」「なんだ、お母さんに電話かけてたのね」「確かに家電なら暗記できてるはずだもんね」「彼氏にかけたのかと疑ってすみませんでした」など、クイズの答えはすでに分かっているといった反応ばかりが見られている。

「実は橋本はこのエピソードを昨年9月放送のバラエティ番組『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)でも披露しています。今回の番組と同じように事の経緯を説明していましたが、『ぐるナイ』ではサラリーマンから携帯電話を貸してもらった後にどうやってゴミ捨て場から脱出したのかという点については説明がありませんでした。そのため、いったい誰に電話をかけていたのか、気になっていたファンが多かったようです。もしかしたら、彼氏と同棲していて、彼氏に電話したと憶測するファンもいたぐらいです」(エンタメ誌ライター)

 ちなみに橋本に携帯電話を貸した男性は快く携帯電話を貸してあげたうえに「(橋本の母の)番号は消しておきますね」と気遣ってくれたとのこと。ファンも気になっていたエピソードであっただけにその全貌が明らかになり、ファンとしてもホッとしていることであろう。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ
2
アレ、胸が…!? 宇垣美里、可憐なワンピース姿に世の男性たちが目を疑った理由
3
前と横、後ろから!土屋太鳳「Fカップボディをまるごと味わえる投稿」が大好評
4
宮迫博之と入江慎也がシェアする「中目の女」のテクに吉本芸人がメロメロに!
5
土屋太鳳、絶賛相次ぐ“タオ胸”解禁行動で見えてきた「色香戦略の真意」とは?