芸能

ゆりやんレトリィバァがアメリカでダダすべり?「現地で拒否される芸」とは

 ゆりやんレトリィバァが、アメリカで開催されたIT・映画・音楽の巨大イベント「SXSW」(サウス・バイ・サウスウエスト)にて、得意のものまね芸などを披露した。朝日新聞社のウィズニュースでは3月15日付の記事で、ゆりやんがアンジェリーナ・ジョリーのものまねや客いじりを披露したと伝えている。

 ゆりやんが登場したのは、日本独自の文化や世界観を紹介する日本館の「The New Japan Islands」。この日本館には吉本興業が協賛しており、3月9日開催のステージにゆりやんが出演したものだ。そこで披露した芸について、アメリカ在住経験のあるライターがマユをひそめながら言う。

「ウィズニュースの記事に『外国人は、ポカーンです』とあったように、ゆりやんのものまねは現地のアメリカ人には受け入れられなかったようです。というのもアメリカでのものまね芸は、完璧な歌まねで客を感心させたり、もしくはトランプ大統領を揶揄するといった風刺ネタがほとんど。ゆりやんのように、似ているかどうかとは別のところで笑いを取るスタイルはなく、アメリカ人には何がおもしろいのか以前に、彼女が何をやろうとしているのかも理解できなかったかもしれません」

 これだけなら単に、芸風が客と合わなくてダダすべりしただけとも言える。だがその他の芸はアメリカ現地で拒否されかねない危険性をはらんでいたという。日本館を統括するメディアアーティストの落合陽一氏が3月10日にツイートした動画について、前出のライターが続ける。

「落合氏が投稿したのは、ゆりやんがおなじみの星条旗水着を着てパフォーマンスしているシーンで、こちらでも観客から笑いは起こっていませんでした。日本だとおデブ体型のゆりやんが胸のこぼれそうな艶っぽい水着を着て『調子乗っちゃって』いる姿が笑いのポイントとなりますが、アメリカ人には不快にしか感じられないのです。まず、お笑いのステージで性をアピールすることがご法度ですし、ゆりやんの芸自体が容姿差別や性差別を助長しているとみなされかねません。今回は日本館という日本文化に興味のある人が集まる場だからよかったものの、同じことを普通のコメディハウスでやったら、大ブーイングに包まれていたのではないでしょうか」

 なお、そんなゆりやんの芸とは関係なく、日本館そのものは大盛況かつ高評価だったという。どうやらゆりやんはアメリカのエンタメ業界に爪痕を残すには至らなかったようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化