芸能

天才テリー伊藤対談「純烈」(4)紅白の現場にもう一度戻りたいです

テリー メインボーカルの白川さんは、歌詞を間違えないようにしなきゃ、みたいな別の緊張感があったんじゃないの?

白川 さっきリーダーが話したように、後ろにファンの方々がいてくれたおかげで、特に緊張することもなく楽しめましたね。

テリー ふだんの自分たちでいられたんだ。

白川 はい。紅白が終わったあと、その足で僕らの本拠地でもある健康センターに3店舗行かせていただいたんですけど、深夜にもかかわらず、どこも満員でした。僕たちと同じ気持ちで紅白を待ってくれていたんだなと思うと、本当に11年間頑張ってきてよかったな、と思いました。

後上 やっぱり紅白はすごい、と思ったのは、僕、純烈に入るために大学を中退したじゃないですか。その時に「何の経験もないのに歌の世界で生きていこうなんて、あいつ、人生捨てたな」なんて感じで、友達が離れていったんですよ。ところが、紅白出演の発表以降、いきなりみんなから連絡があって。

テリー アハハハハ、わかりやすい!

後上 「俺はずっと信じていたよ」なんていうメールから、同窓会、忘年会、新年会の誘いがバーッと来て(笑)。でも、みんな「会社で自慢しているんだよ」みたいな感じで、自分のことのように喜んでくれているから、そういう手のひら返しも全然腹が立たなかったです。

テリー 紅白って、本当にすごい舞台なんだね。

後上 北島三郎さんのステージを真下から見ている時、「テレビでしか見られなかったものが目の前にある、これ、夢なんじゃないか」なんて思いましたから。

テリー もしそれが夢だとしたら、何回も見たい夢だよね。

小田井 僕らと、たぶんスタッフやファンの方々も正直なところ「紅白は1回、記念に出られたらええわ」みたいな気持ちがあったんだと思うんですよ。そのためにツラいことも苦しいことも、頑張って乗り越えてやっとそれが実現したわけです。ところが、いざ出てしまうと、今度はもう一度あの空気を味わいたくなってきたんですよ。

テリー なるほどね。

小田井 リーダーが話していた北島三郎さんの楽屋での思い出もそうですし、三山ひろしさんがけん玉でギネス記録を出した時なんかは、バックヤードで出演者みんなで「うわーっ!」と盛り上がったんですよ。あれは紅白に出なければ共有できなかった空間で、またあそこに戻りたい、と強く思いました。

テリー 今日ずっと話を聞いて、紅白に出たことで純烈は次のステージに上がったことがよくわかった。紅白を「いい思い出」にするのではなくて‥‥。

酒井 はい、この4人で紅白にまた出ることが新しい目標ですね。ファンのみなさんと頑張って、かなえていきたいです。

テリー もう全国のスーパー銭湯や健康センターから引っ張りだこでしょう。

小田井 はい、ホテルのディナーショーも続々決定しています。

酒井 まことにありがたい話なんですが、普通のお風呂ファンの方がSNSに時々「今日は純烈が来ているから、銭湯が混雑してる」なんて書き込んでいるのを見ると申し訳なくて。

小田井 せっかく休みに来たのに、それだけは僕らもケアできないので。

テリー そういう人たちもすぐ虜にできるグループを目指さなきゃ。

酒井 そうですね。ますます頑張りたいと思います!

◆テリーからひと言

 今度はお風呂好きの男性客に向けて、お色気演歌歌手をプロデュースしたら?そんな子がいれば俺も健康センターに通っちゃうけどな。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
Tシャツをズボンに入れると…永野芽郁の「バスト突出」「透け肌着」大サービスのロケ現場
2
TBS良原安美が薄生地スカート張り付き事故!浮かび上がった「意外な下腹部のカタチ」
3
松井と高橋由にもうひとり…投高打低のプロ野球界をあざ笑う「90年代の巨人は3割30本を3人」の超重量打線
4
「ちむどんどん」よりも人気…96年朝ドラ「ひまわり」再放送の松嶋菜々子がすごい!
5
隠れ爆バスト!加藤紀子のもっちり膨らみ写真は完熟の極み