芸能

あの美女は今何してる?青木裕子、根本はるみ…消えた平成グラドルを追跡調査

 多くのスターが誕生した平成のグラビア界。ナイスバディの美女たちが男性ファンの目を楽しませてきた。だが、新たなアイドルが誕生する一方で、消えてしまったグラドルもいる。彼女たちは今、何をしているのか。その後を追跡調査した。

      *

 90年代後半、絶大な人気を誇った青木裕子。あどけない顔立ちとボリューム満点のボディのギャップが受け、登場した雑誌は完売するという伝説を作り上げた。だが、98年末に突如芸能活動を休止。00年に引退記念写真集「青木裕子」をリリースしてグラビアを卒業した。

「その後、音楽活動をしていたこともありましたが、現在は結婚して山形県で暮らしています。米沢市に実家の回転寿司店があり、そこを夫婦2人できりもりしています」(芸能ライター)

 事務所初の100センチ超えバストを武器に活躍した根本はるみは、マイペースな性格が競争の激しい芸能界に向かなかったのか大成できず、10年に結婚。同時に引退し、現在はハワイで暮らしている。

 グラドルからも一目置かれる爆裂ボディの持ち主である松金よう子は12年に起きたペニオク事件の首謀者とされ、表舞台から完全に姿を消した。

「松金のように完全に消えてしまったグラドルもいますが、別の分野で芸能活動をしている美女もいます。初期の恵比寿マスカッツで活躍した永作あいりは17年にグラビアでの水着を封印。今は歌手として活動しています。また学習院大卒の癒やし系グラドルとして人気だった堀田ゆい夏は12年に引退し、15年には結婚しました。ただ、人気に火がつくきっかけとなったブログは今も続けています」(前出・芸能ライター)

 ほしのあき、夏川純、白鳥百合子と消えたグラドルは他にも多数。4月3日発売の「アサ芸Secret Vol.57」ではそんな失踪グラドルの行方を調査。彼女たちが今何をしているのか知ることができる。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】