芸能

「女子アナ11PM」視聴率“艶”バトル(3)テレ東・相内優香が「ブイチューバー」デビュー

 受けて立つテレビ朝日系「報道ステーション」も“臨戦態勢”だ。同番組に近い制作関係者が証言する。

「報ステは入社直後にお天気キャスターとして抜擢され、昨年の秋からニュース読みを務める森川夕貴アナ(25)を今年の春からフル回転させる予定です。これまでも森川アナが台風レポートでびしょ濡れになって見せる『困り顔』が男性視聴者の間できわめて好評。実際に『森川を“困らせる”と数字が跳ね上がる』とスタッフの間でも話題なんですよ」

 この「ドM中継指令」こそが意外な視聴者の発掘につながっているというから驚くばかり。

「森川アナを事件現場などのロケにも率先して行かせるそう。あらゆる現場で困った顔を連発することで男性視聴者にチャンネルを変えさせない作戦です」(制作関係者)

 虎視眈々と「夜のニュース戦争」に割って入らんとしているのがNHKだ。現在放送中の「ニュースチェック11」に代わり、4月1日から「ニュースきょう一日」がスタート。MCを務めるのが、オジサマ族に圧倒的な人気を誇る井上あさひアナ(37)なのだから、力の入れようがわかるというもの。

 同番組について、

「NHKは井上アナの『すっぴん就寝メイク』でオヤジ視聴者を骨抜きにするつもりですよ」

 とはテレビ関係者だ。はたしてどういうことなのか。

「平日最終版の時間帯ということで、彼女は派手なメイクではなく“就寝前のナチュラルメイク”のイメージで臨むんです。井上アナはもともと『私の顔ってマーライオンみたい』と周囲に冗談めかして語っているように派手な顔だち。新番組では毎日“ほぼすっぴん”レベルで出演できるようテストメイクを繰り返していると聞きます」

 そんな井上アナにも不安要素があるという。

「唯一心配なのが、彼女が『遅い時間に弱い』ということ。井上アナは過去にも深夜帯の番組中に眠そうにしてしている姿がネットで話題になっていました。新番組であくびを連発するなんて事態にならなければいいのですが‥‥」(テレビ関係者)

 オヤジ視聴者にとっては、すっぴんの彼女が見せるあくびも一日のご褒美となりそうだ。

 テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」を担当する相内優香アナ(33)もメインの大江麻理子アナ(40)に負けない人気で、視聴率獲得の急先鋒としての活躍が期待されている。女子アナ評論家の春山マサハル氏によれば、

「3月から相内アナはバーチャルアナの『相内ユウカ』として“ブイチューバー”デビューしたんですよ」

 なんとも聞き慣れない言葉ばかりだが「ブイチューバー」とはアニメの外見に人間が声をあててユーチューブ配信を行う「バーチャルユーチューバー」のこと。

 相内アナは「WBS」の放送直後にネットで生配信されるユーチューブ番組「相内ユウカにわからせたい!」に声優として出演しているのだ。春山氏が続ける。

「その日の気になるニュースを掘り下げてキャスターに聞くというお堅い内容なのですが、とにかく相内アナを模した『相内ユウカ』がかわいいんです。最大の魅力は相内アナの発する“アニメ声”。驚いた時の声など時々“アエギ声”に聞こえることもあり、大コーフンの生配信です。今後、ネット配信の人気の高まりとともに『WBS』の視聴者が急増する可能性は大いに考えられます」

 11PMのニュース戦争でウッシッシと笑うのはどこの局か。その勝敗はセクシーサービスにかかっているようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
3
ドジャース・山本由伸「重傷離脱」でメジャー球団がロッテ・佐々木朗希獲りから撤退する「シビアな評価」
4
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」