芸能

「お浜さん」レベル? 倖田來未、インスタでのキス顔公開も“痛い人”認定

 残念ながら本人が期待していたであろう反応とは真逆の意見が大多数となってしまった。

 倖田來未が去る3月28日に自身のインスタグラムを更新。キス顔風写真を投稿したところ、反響を呼んでいるようだ。倖田は〈ロスで買ったリップとグロス。その名も『unicorn tears』名前負けして買ってしまったもの〉とコメントし、ロサンゼルスで購入したというグロスをつけた唇を強調するために、口を尖らせた写真を公開。

 続けて、〈いろんな角度で見るとわかるんやけども、ほんまユニコーン!!めっちゃいろんな色に見えます!夏にはもってこいのアイテムですな! あーんキラキラアプリで撮ればよかったかなぁ。。。今度撮ってみる〉と綴り、グロスのキラキラ感をとにかく気に入っている様子だ。

 ただ、ハッシュタグには「#ちなみにのちなみに #結構塗りすぎると #ブル中野さんになります」「#初めはやっちゃったかなと思ったけど #意外にお気に入りとなりました!」と、本人も一瞬心配してしまう瞬間もあったというだけに、塗り過ぎには注意が必要なアイテムのようだ。

 キラキラしたピンク色が存在感際立つグロスは艶っぽくてカッコいい、という路線の倖田にはもってこいのチョイスとなっていることから、ファンからは好評のようだが、この“歌姫”のチュー顔写真の存在をネットニュースで知った世間の人々からは〈うわ、顔面のアップがキツイ〉〈痛々しい人になってきたね〉〈十分やっちゃってると思います〉〈アラフォーのギラギラグロスのチュー顔は正直見るに堪えない〉など、批判的な書き込みが多数見られている。

「04年に『キューティーハニー』の主題歌をカバーして、一世を風靡した歌姫も15年の時を経て、現在は36歳に。本人はライブでは未だにヘソ出し衣装を着用したりと、自身のスタイルを貫こうと努力しているようですから、今回のド派手なグロスをチョイスするのも当たり前ということなのでしょう。ただ、心持ちは当時と変わっていなくても確実に年を重ねているわけですから、倖田の全盛期を知らない10代の若者たちや、全盛期を知るもその存在を煙たく思っていた層にとっては年齢に不相応なことをしているというふうにしか受け止められず、倖田渾身のキス顔も痛々しく映ってしまったようですね」(エンタメ誌ライター)

 倖田の先輩にあたる浜崎あゆみもインスタの投稿をネット上でイジられることが定番となっているが、今回の倖田に投稿に対しては〈痛さで全然お浜さんに負けていない〉という皮肉な書き込みも見受けられている。倖田が浜崎に代わるネット民のおもちゃになってしまう日も近い?

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
5
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス