芸能

“新元号”あやかり女優8人「フェロモン復活大作戦」をスッパ抜く(4)山口智子はフラメンコで鍛えたボディで…

 長いブランクのあと、広瀬主演の「なつぞら」で再ブレイクを狙うのは、平成初期の90年代に「ロングバケーション」(96年、フジ系)などで人気だった山口智子(54)。95年に唐沢寿明(55)と結婚してから、徐々に女優業を縮小。12年に「ゴーイングマイホーム」(フジ系)で本格復帰したが、平均視聴率は7.9%と低空飛行で終わった。

 そんな中、31年ぶりに復帰した朝ドラで「フェロモン復活大作戦」を決行する。

「元ダンサーのおでん屋女将役で、ハマればブレイクもありえる。数年前からプライベートで本格的にフラメンコを練習していて、くびれのボディラインや艶かしい腰つきは見ものです」(芸能記者)

 ベテラン勢といえば、86年にドラマ「水戸黄門」(TBS系)のレギュラーになってから、入浴シーンが「昭和名物」になった由美かおる(68)の場合はどうか。新元号発表直前となった3月27日には、37年ぶりにニューアルバム「Jewel Box」を発売し、超熟女エロスがムンムンで話題になった。

「収録曲『スパドゥパランデブー』のミュージックビデオでは、ピンクのドレス姿で歌いながら、スリットから股間ギリギリの美脚を何度もチラ見せしています。曲の中盤では、往年を彷彿とさせるバスタブ入浴中のお色気シーンも用意され、お宝映像になっています」(レコード会社関係者)

 デビューから2世代たっても変わらないB86・W58・H86のプロポーションは相変わらず健在だという。

 平成の芸能史で「愛人キャラ」が定着したタレントの橋本マナミ(34)。最近では朝ドラ「まんぷく」にも出演し、女優として活躍の場を広げているが、グラビアでの露出機会が減って寂しい気も‥‥。

「その分、イベントに呼ばれた時には、深い谷間が見える服装で登場するし、自身の『インスタグラム』でも惜しげもなくエロスをアピールしています。3月13日には、露天風呂に入って、乳輪ギリギリのサービスショットをアップしていました」(芸能記者)

 5月1日の新元号への切り替えまで1カ月を切り、あやかり美女たちの肉食現場はますますヒートアップしている!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
4
ぼる塾の平手友梨奈モノマネに“坂道ファンが激怒”の「意外な理由」!
5
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策