芸能

ダレノガレ明美、「バストトップの大きさを必死に訂正」で“疑惑”深まるワケ!

 何が何でも訂正したかったようだ。

 バラエティー番組「ニノさん」(日本テレビ系)に、ダレノガレ明美がゲスト出演したのは、3月24日放送回。この日、「ひとつだけどうしても訂正したい」と熱弁をふるう一幕があった。番組内の〈訂正報道 そのニュース、若干違います〉と題して、報道されたニュースの真贋を当人に語らせる企画で、ダレノガレはねちっこく食い下がったのだ。何でも週刊誌にバストトップが「デカイ」、と書き立てられておかんむり。「本当にデカくないんですよ」と否定して、「ちょうどいい(サイズな)のに」とアピールしまくったのである。

 そんなダレノガレはこの発言の少し前には、彼氏と50畳のリビングのついた3LDK、230平方メートル、家賃140万円の超高級マンションに住むつもりだったが、破局して1年間一人暮らしをしたこと、現在は180平米のマンションで愛猫と暮らしていることをぶっちゃけてもいた。

「このマンションは17年7月に入居した物件だそうですが、確か、当時は家賃130万円の3LDKで200平方メートル以下と言いはっていました。家賃といい、広さといいなぜか増えていますから、どうやらダレノガレには、話を“盛る”癖があるようですね」(テレビ誌記者)

 ともあれ、この日の「ニノさん」ではダレノガレにまつわる12本のニュースがピックアップされた。「整形?専門家が鼻の形が不自然」「背中にタトゥー、デザインは2匹の龍」「性別詐称か、同級生暴露 実は男性」といったニュースを完全スルーしたあげくの「バストトップは大きくない」の訴えだったのだが…。

「コメンテーターの小籔千豊や武田真治もあきれていた。いくらデカくないと言い張っても、しょせんは自己申告で確かめようがない。2年前に、ツイッターで『バストトップが見えてしまっている』と騒がれた写真をボタンと言い張り、バストトップではないが消しておくとして削除した過去があることをつい思い出してしまいましたね。その時にバストトップではないかとされたモノは少し大きめだったとか。都合の悪いことは知らん顔、セレブ演出のためか、話を盛るキャラというイメージもありますから、今回の『デカくない』という訴えも真逆に取られてしまっていますよ」(芸能ライター)

 人の噂も75日、世間はとっくに忘れていたのに、猛烈アピールで「墓穴」を掘ってしまったかもしれない!?

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった