芸能

ダレノガレ明美、「バストトップの大きさを必死に訂正」で“疑惑”深まるワケ!

 何が何でも訂正したかったようだ。

 バラエティー番組「ニノさん」(日本テレビ系)に、ダレノガレ明美がゲスト出演したのは、3月24日放送回。この日、「ひとつだけどうしても訂正したい」と熱弁をふるう一幕があった。番組内の〈訂正報道 そのニュース、若干違います〉と題して、報道されたニュースの真贋を当人に語らせる企画で、ダレノガレはねちっこく食い下がったのだ。何でも週刊誌にバストトップが「デカイ」、と書き立てられておかんむり。「本当にデカくないんですよ」と否定して、「ちょうどいい(サイズな)のに」とアピールしまくったのである。

 そんなダレノガレはこの発言の少し前には、彼氏と50畳のリビングのついた3LDK、230平方メートル、家賃140万円の超高級マンションに住むつもりだったが、破局して1年間一人暮らしをしたこと、現在は180平米のマンションで愛猫と暮らしていることをぶっちゃけてもいた。

「このマンションは17年7月に入居した物件だそうですが、確か、当時は家賃130万円の3LDKで200平方メートル以下と言いはっていました。家賃といい、広さといいなぜか増えていますから、どうやらダレノガレには、話を“盛る”癖があるようですね」(テレビ誌記者)

 ともあれ、この日の「ニノさん」ではダレノガレにまつわる12本のニュースがピックアップされた。「整形?専門家が鼻の形が不自然」「背中にタトゥー、デザインは2匹の龍」「性別詐称か、同級生暴露 実は男性」といったニュースを完全スルーしたあげくの「バストトップは大きくない」の訴えだったのだが…。

「コメンテーターの小籔千豊や武田真治もあきれていた。いくらデカくないと言い張っても、しょせんは自己申告で確かめようがない。2年前に、ツイッターで『バストトップが見えてしまっている』と騒がれた写真をボタンと言い張り、バストトップではないが消しておくとして削除した過去があることをつい思い出してしまいましたね。その時にバストトップではないかとされたモノは少し大きめだったとか。都合の悪いことは知らん顔、セレブ演出のためか、話を盛るキャラというイメージもありますから、今回の『デカくない』という訴えも真逆に取られてしまっていますよ」(芸能ライター)

 人の噂も75日、世間はとっくに忘れていたのに、猛烈アピールで「墓穴」を掘ってしまったかもしれない!?

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
水卜麻美がリバウンド?「ニットが小さ過ぎ!」Gカップへのボリューム増
4
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛
5
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”