芸能

「セーラー服ソング歌謡祭」(1)80年代編 薬師丸ひろ子の名曲誕生の知られざる舞台裏

 青春のきらめく季節だけ着ることを、そして歌うことを許されるのが「セーラー服ソング」だ。80年代以降、世の男子たちを胸キュンさせた名作の数々を一気にパワープレイ!

     *

 もし、制服ソングの「オールタイムベスト」を選考するなら、間違いなくトップを争うのが、薬師丸ひろ子が歌った「セーラー服と機関銃」(81年)だろう。同名の映画の主題歌としてチャート1位に輝くデビュー曲となった。アイドル評論家の織田祐二氏が振り返る。

「映画のラストで新宿の街中で子どもたちと撃ち合いのまねをして、この曲がかかった瞬間のゾクゾク感、インパクト、興奮‥‥圧倒されました」

 実は映画の主題歌は、作曲者の来生たかおが歌うはずだった。ところが、相米慎二監督の「ひろ子に歌わせる」の一声で、歴史的な名曲が誕生したのだ。さらに、歌のタイトルは「夢の途中」だったが、これを映画と同じ「セーラー服と機関銃」に変えたのは、角川映画の角川春樹氏だった。

その効果を美少女研究家の高倉文紀氏が解説する。

「セーラー服をきちんと着こなせるのがアイドル、というコンセプトを確立しました。セーラー服なのに機関銃を持っているという異質の組み合わせにインパクトがありましたね」

 そして薬師丸に続き、角川映画のヒロインとして絶大な人気を誇ったのが原田知世。やはり映画の主題歌だった「時をかける少女」(83年)は、ユーミンが手がけた。発声の基礎ができていた薬師丸に比べれば、つたない歌唱法だったが、それすらも“持ち味”となる。

「映画での彼女はセーラー服ではなくグレーのブレザー姿でしたが、当時としては画期的なデザイン。原作が持つ世界観とよく合っていましたね。その後も内田有紀や仲里依紗など、アイドル女優の登竜門的な作品になっています」(前出・高倉氏)

 それにしても、この時代のユーミンは「セーラー服ソングの名手」として、多くの楽曲を世に送り出している。松田聖子の「制服」も呉田軽穂の名義で作っているし、石川ひとみがリメイクした「まちぶせ」も女子高生のリアルな心情があふれていた。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
水着がズレて中が「全見え」!グラビア界の新生・寺本莉緒の「事故映像」が“お宝”になるワケ
2
浜田雅功も呆れ顔…土田晃之が「元野球部」告白でまたも上がった大ブーイング
3
スジ見えた?岡副麻希「めざまし」卒業日も見せてくれた美ヒップ体操の爪痕
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
服から胸がこぼれる!石川秀美の娘・薬丸玲美の極大バスト写真がスゴすぎッ