芸能

NHK朝ドラ100作の黒歴史(3)夏菜「純と愛」に第1話目からクレームが殺到したワケ

 広瀬すず主演の連続テレビ小説「なつぞら」が4月1日にスタート。記念すべき朝ドラ100作目として、失敗の許されない作品と宿命づけられている。その朝ドラではこれまで数々の人気女性タレントが目を覆わんばかりの爆死作品を残してきた。その黒歴史を今ここにひもとく!

     *

 続く、ワースト7位の「ファイト」は当時17歳の本仮屋ユイカが不登校を乗り越え、牧場経営に至るサクセスストーリーだ。

「競走馬が準主役という設定に視聴者が馴染めなかったのか数字は上向きませんでした。ヒロインの本仮屋はわりと好評でしたが、友達がみんな悪人すぎて気の毒になるほど。あんな学校だったら不登校になるのも当然でしょう」(テレビ誌ライター)

 ワースト8位には、ヒロインが史上最高齢の47歳という異色作の「芋たこなんきん」がランクイン。ヒロインの藤山直美は喜劇役者・藤山寛美の娘として知られる。

「若いヒロインが不在という時点で、すでに挑戦的な作品。物語自体はけっこうおもしろいのですが、やはり『朝からあの顔を観たくない』という藤山に対する拒否感は少なくなかったようです。さすがのNHKも懲りたのか、これ以降は若手ヒロイン路線に戻っています」(前出・テレビ誌ライター)

 続いてワースト9位の「わかば」では当時、現役の大学生だった原田夏希がヒロインを務めた。

「本作は朝ドラとしては初めて、1話として視聴率20%を突破できなかった黒作品。ただこの時期は“朝ドラ暗黒”の真っただ中で、原田にとっては不運な作品でした。実際、本作はのちに舞台化もされており、評判は悪くなかったのです」(芸能記者)

 そしてワースト10位には、ある意味で話題作ともなった夏菜主演の「純と愛」が顔を出している。

「100作品におよぶ朝ドラの中で、第1話からNHKにクレームが殺到したのは後にも先にも本作が初めてでしょう。他人の心が読めるという超能力や、激高してすぐに怒鳴り散らすという性格づけなど、朝ドラ視聴者には受け入れがたい要素ばかり。しかも最終回では脳腫瘍に侵されたヒロインが寝たきりという救いのなさで、そんな役をあてがわれた夏菜がむしろ気の毒ではないでしょうか」(前出・テレビ誌ライター)

 はたして広瀬の「なつぞら」はどう評価されるのか。黒歴史になってしまわないことを祈るばかりだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
2
WBC「代替枠4人」候補に挙がる落選組「ベテラン投手」の名前
3
トヨタ社長交代でカーマニアが沸き立つ「あの名車」復活劇
4
「料理はプロ級の腕前」なのに…木村文乃が打ち明けた「衝撃の事実」
5
習近平のウソつき癖が治らない「春節期間中にコロナ感染爆発は起きなかった」の「死者隠蔽」実態