芸能

【芸能人クルマ伝説】田中美佐子が関越道を爆走、薬師丸ひろ子は国産セダンを改造していた

 筆者は芸能人やスポーツ選手との付き合いが多いが、彼らはテレビで見る印象と、実生活の言動がまったく異なっている場合が珍しくない。大人しいと思っていたら饒舌だったり、お笑い芸人なのに普段は無口という者もいる。

 普段から車を運転している有名人は大勢いるが、その中でも記憶に残る有名人といえば、高島政宏だ。

 彼の車を何度か尾行したことがある。しかし、必ず途中で尾行に気付かれてしまうのだ。私の尾行が決して下手というわけではなく、彼の注意力が尋常ではないということなのだろう。100%気付かれてしまうのは彼ぐらいなものだった。

 一方、弟の政伸は兄と正反対で、自宅からどこに行こうが、一度も気付かれたことはない。1時間近くも追いかけて、自宅から向かった先が練馬区の大泉撮影所だった、というガッカリな思い出もある。

 全盛期の沢田研二は、各社の車が複数台で追跡することが多かった。ジュリーの事務所は決まって2台の車を出し、1台目にジュリーを乗せて走る。その後を各社の車が追いかける形だ。ところが、一方通行の細い通りに入ると、後ろの車がそこで停車してしまう。こうして時間稼ぎをする間にジュリーを逃す、というのが常であった。

 ホテルの地下駐車場に入った時も、この方法が使われた。後ろの車が入り口で停車している間にジュリーの車は出口に向かい、どこかに走り去っていくのである。結果、ジュリーの追跡を諦めることが少なくなかった。

 自ら運転してスタジオに来る女優は少ないが、田中美佐子は運転するのが大好きなタイプである。ある時、狙っている女優が来なかったので、暇つぶしに彼女の車を追ったことがあった。すると、車は関越自動車道に入って、ビュンビュン飛ばしていくではないか。こちらも振り切られないように飛ばしていくが、それでも差をつけられそうなスピードだったので、慌ててしまった。

「どこまで行く気なんだろう」と、助手席のカメラマンと話をしていると、所沢インターで降りた。だが、どうも目的地が定まっていないか、わからないようで、道端に停車したり、走り出したりする。そのうちに再び所沢インターに戻り、東京方向へ向かった。また猛スピードで走り出すと思ったが、今度は左車線をノロノロと走っている。しょうがないので彼女の車を追い越して、一定のスピードで走っていたら、パッシングした彼女の車がこっちの車と並走し出したのだ。完全にバレていたのか、白い歯を見せて運転席で笑っている彼女は、手を振って走り去って行ったのであった。

 世田谷区内の国道246号線近くで張り込みをしていたのは、8年ほど前のことだった。

「薬師丸ひろ子が男性と一緒に暮らしている」

 という情報があったからである。しかし、彼女の自宅前の道路は狭く、自宅が見える位置に車を停車させることができない。仕方がないので、100メートルほど離れたところに停車していた。すると、自宅方向から低く腹の底に響くようなエンジン音とともに、古いセダンの国産車が出てきて走り去っていった。旧型のセドリックだと思うが、チューニングをして改造しているようで、運転をしていたのは小柄な女性ひとりだった。

「あれ、薬師丸ですよ」

 一緒にいたカメラマンが苦笑する。その何日か後に、その車を追跡しようとした。この時も驚くようなスピードを出していた。華麗に走るその運転テクニックも、なかなかのものだった。清純派で大人しそうなイメージしかない薬師丸は、実は車が大好きで、運転もかなりの腕前だったのである。

(深山渓)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
2
「200勝到達」ダルビッシュ有に恐れおののいた落合博満の「あの日本シリーズ」秘話
3
天国の沙也加が引き寄せた!激ヤセから復活の神田正輝を支えたのは松田聖子の「筑前煮」だった
4
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
5
2試合33失点の歴史的惨敗!楽天・今江敏晃監督「打つ手なし」で「途中休養」カウントダウン