女子アナ

「平成のアイドルアナ」30年史(3)肌着を共有?00年代を牽引したフジテレビの二大巨頭

 2000年に突入すると日テレの柴田倫世(98年入社)とTBSの小倉弘子アナ(97年入社)らに世代交代し、活躍が期待されたが“核”になる存在が見当たらない状況が続いていた。

 そこに現れたのがフジの00年入社組の千野志麻。冠番組「チノパン」でのめちゃくちゃなMCぶりが話題となり、新人ながら一気にブレイク。周知のとおり、この“パンシリーズ”からはその後も続々とアイドルアナが誕生しているが、千野自身はアクの強すぎるキャラクターがアダとなり、アイドルアナとしては短命に終わった。

 千野に替わってフジに彗星のごとく現れたのが01年4月にスタートしたスポーツ番組「すぽると!」の初代女性メインMCに抜擢された内田恭子である。

「ノースリーブの衣装がトレードマークだった彼女の魅力は何と言っても“癒やし系”の雰囲気。何度も原稿を噛んだり、天然ボケ発言をしたりと、スキだらけなのだが、それが逆に親しみやすさにつながっていった。“ウッチー”という愛称とともに一般に浸透、一躍女子アナ界のトップへ駆け上がり、00年代前半の女子アナ界を代表する存在となりました」(芸能記者)

 同時期、他局ではテレビ朝日の武内絵美アナ(99年入社)や前田有紀氏(03年入社)、テレビ東京の大橋未歩(02年入社)らも注目の存在に。また学生時代に『恋のから騒ぎ』(日本テレビ系)出演で騒がれた小林麻耶氏が03年にTBSに入社。大物新人らしい派手な活躍で一気にブレイクを果たした。

 なお、テレ朝については武内絵美アナが担当した「ミュージックステーション」のサブMCが人気女子アナの登竜門となっており、その後、この番組からは堂真理子アナ(04年入社)、竹内由恵アナ(08年入社)、そして弘中綾香アナ(13年入社)らが巣立っている。

 一方、フジでも世代交代が進行。06年3月に内田恭子が結婚退社すると、内田と並ぶフジの顔だった“アヤパン”こと高島彩(01年入社)がトップに君臨することに。

「高島は03年から08年にかけてオリコン調査の『好きな女性アナウンサーランキング』で5連覇を達成。 さらに1年後輩の中野美奈子も『めざまし~』のキャスターを担当し、長らくこの『二大巨頭』がフジの屋台骨を支えていきました。当時、不仲説も流れていた2人ですが、先日、バラエティ番組に出演した中野は、洋服や歯磨き道具を貸し借りし合っていたと述懐し、高島のアンダーウエアを借りようとして断られたエピソードも披露していました」(前出・芸能記者)

 同じ頃、日テレには西尾由佳理(01年入社)も局の看板アナに成長している。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性