芸能

「5億円賠償」ピエール瀧は本当にドイツで音楽活動できるのか?

 薬物関連の容疑で起訴され、4月4日に保釈されたピエール瀧被告。初犯であり容疑を認めていることから、判決は相場とされる「懲役1年6カ月、執行猶予3年」に落ち着くと予想されているようだ。

 その瀧被告には今後、5億円とも10億円とも噂される損害賠償が重くのしかかってくる。しかし所属事務所を解雇され、当面は音楽活動も芸能活動もできない瀧被告にとって、全額を返す当てのない巨額であることは間違いない。その状況で一部メディアからは、テクノシーンの盛んなドイツに渡って音楽活動を続けるのでは、との予測も出ているようだ。

「そのドイツでは薬物関連の前科を持つアーティストは珍しくなく、リスナーも薬物問題に関しては寛容。しかも瀧被告の電気グルーヴは96年にドイツのレーベルから作品をリリースして以来、現地のテクノシーンでも大物として人気を集めており、ドイツで音楽活動を続けることは十分に可能でしょう。問題は瀧がドイツに活動拠点を移せるかどうかにかかっています」(音楽ライター)

 海外渡航に関しては前科があるとビザ免除を受けられないとか、そもそも入国拒否されるといった事例が散見される。特に薬物に関しては日本を含め185か国が締約する国際条約もあり、世界中でその使用は重大な罪とされている。その罪状で有罪判決を受けるであろう瀧被告は無事にドイツに入国できるのだろうか?

「結論から言うと大丈夫でしょう。ドイツには前科者を入国拒否する際の基準があり、3年を超える懲役刑、薬物関連で2年を超える懲役刑、そして人身売買に関するあらゆる罪が対象となります。その点で瀧被告に予想される懲役1年6カ月はこの基準を下回っており、入国に支障はないのです。なお同種の罪で懲役3年・執行猶予4年の判決を受けたASKAは、入国を拒否される恐れが高いことになります」(海外事情に詳しいライター)

 はたして瀧被告はドイツに渡るのだろうか。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
加藤綾子が“入れられる直前”ベッド姿を公開!すっぴん不安顔にファン騒然
2
胸の先見えそう!ローラがシャツはだけショットを公開も「あざとい」評のワケ
3
お嬢様アナ奔放下半身(4)野村彩也子、バストを武器に萬斎の威光も不要?
4
夏目三久 激怒報道から5年「有吉弘行との結婚」仰天内幕(3)夏目のあの騒動を有吉が笑いにしたことで…
5
吉岡里帆、「レンアイ漫画家」演技に「ゾワゾワする」「あのドラマの再来?」指摘!