芸能

ドラマ「あなたの番です」に視聴者が「ボリューム下げたい」と憤慨している!?

 マンション住民を巻き込んでの“殺人ゲーム”をテーマにしたサスペンスドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系)が4月14日にスタート。第1話からいきなり管理人役の竹中直人が、原田知世と田中圭が住む部屋のベランダから落下して落命するシーンが描かれ、視聴者を戦慄させている。

 ほかにも原田がマンション内のゴミ捨て場に燃えるゴミを出そうとすると、クマのぬいぐるみが無残な姿で捨てられているなど、視聴者をギクッとさせる演出が連発。ネットには〈ドキドキした〉〈3回も叫んだ!〉といったコメントが続出している。その一方で、過剰なサスペンス表現に辟易する視聴者も少なくないというのだ。テレビ誌のライターが指摘する。

「このドラマで何が気になるって、劇伴(作中の演出に使われる楽曲)がやかましすぎるのです。たとえばマンション住人の集まる住人会でなぜか、殺したい人の名前を紙に書いて交換するゲームが始まるのですが、その場面でやたらと“ザ・サスペンス”と言わんばかりにストリングス系の曲が鳴り響き、逆に興を削いでしまう有様。そして原田が街で住民会会長(木村多江)と会い、会話しながら川べりを歩くシーンでもなぜか劇伴が流れ続けるなど、《ここにBGM要る!?》という場面が多すぎます。原田と田中の会話シーンにもすぐ劇伴がかぶさってきますし、もはや音楽の流れていないシーンのほうが少なく、視聴者の中には《BGMのボリューム下げたい!》という人が続出していることでしょう」

 サスペンスドラマでは恐怖感を煽るための効果音が付き物だが、あまりに劇伴を使いすぎると、観ているほうも疲れてしまうもの。この演出に、前出のテレビ誌ライターは辛口の評価を下す。

「劇伴の多用もそうですし、マンション住民会で住民たちが交わす言葉からは『マンションにはいろんな人が住んでいるから大変なんですよ』という絵を描きたい演出側の意図が見え見えです。そのわりには、いとも簡単に交換殺人ゲームが始まりますし、あらゆる展開が目的ありきのご都合主義。視聴者からは脚本に対する批判が続出していますが、むしろ演出の拙さが目立つ作品となっており、まるで映画好きの学生が作った習作のようです」

 そんな学生映画さながらの作品を2クール(半年間)にわたって見せられ続けるのか。早めの軌道修正を願う視聴者も少なくなさそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
2
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
3
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
4
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
5
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件【2024年6月BEST】