芸能

人気女優のNGパーツ「緊急取調室」(1)上戸彩の筋肉質なふくらはぎが…

 人気ドラマでは天海祐希が所属する「緊急事案対応取調班」に毎回難事件が持ち込まれるが、アサ芸特捜班が真相究明に立ち上がったのは、人気女優が「見ちゃイヤ」と公開を拒むNGパーツだ。太い脚に顔のシワ、デカすぎる胸‥‥。分厚いメイクや最新の修正技術で隠匿され続けた秘密に迫る!

「ドラマや映画と違い、写真は形に残るうえ、各パーツをまじまじと確認できてしまう。そのため、女優たちがコンプレックスに感じている部分は見せない傾向にあった。ところが、ここ数年で修正技術が格段に向上。肌をきれいにするのはもちろん、腕や足を細くするなんて日常茶飯事です」

 芸能評論家の平田昇二氏がこう明かすように、どんなに美しい女優にも本当は隠しておきたいNGパーツが存在する。

 まずは、夫の金銭トラブルによる離婚危機が報じられている“ナンノ”こと南野陽子(51)。若かりし頃は水着姿も多く披露していたが、現在は肌の露出をとことん抑えている。芸能ライターが明かす。

「とにかく脚の太さを気にしているようで、写真を撮影するカメラマンに『絶対に腰から上よ!』と指示したかと思えば、そのあとも『本当に脚、写ってないでしょうね?』としつこく問い詰めてくることも。コンサートや記者会見などでも、ロング丈のスカートなど、脚が見えない衣装を選んでいます」

 一方、本人は意識せずとも、事務所側から「補正指示」が入ることも。

上戸彩(33)のふくらはぎには、ムキムキの筋肉がついていてカッコいいのですが、その膨らみを修正でカット。彼女はもともと筋肉質で、ヨガや筋トレなど体を動かすことが好きなタイプ。旦那であるHIROとの出会いもジムですし、トレーニングを教わることもあるとか。出産後も変わらぬプロポーションを保っているのは努力のたまものなのでしょう」(芸能ライター)

 上戸の事務所の後輩である武井咲(25)は昨年、第一子となる女児を出産。「ハズキルーペ」のCMが話題になったこともあって、本格復帰が待ち望まれているが気にしている部分がある。女性誌記者によると、

「彼女は小顔で顔だちも整っているため体に目が行きにくいですが、意外とムッチリ体型。縦のラインを強調したものやゆったりした衣装が多いのはそのためです。過去にストッキングの広告をやっていましたが、棒のようにまっすぐな長い脚に修正されていて、『さすがにやりすぎでは』との声も上がっていました」

 武井が尻で踏んでも壊れない「ハズキルーペ」の強さはホンモノかも!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
4
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
5
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!