芸能

吉高由里子「わたし、定時で帰ります。」視聴率UP大作戦(2)わざとスカートをはだけて

 実はこの日ばかりではなく、「吉高はプライベートでもつけてないでは?」という説がまことしやかに語られているという。この疑惑について、テレビ関係者が口を開く。

「我々の間では知られた話です。疑惑ではなく事実だと言えるでしょうね。以前から彼女は『ブラジャーしないほうが楽』と公言していまして、08年の映画『蛇にピアス』(ギャガ)で惜しげもなく一糸まとわぬ姿を披露しているように、見られることに抵抗はありません。もちろん『わた定』の収録に来る時の私服も、基本的につけないようですね」

 そんな同作の収録現場では日々、吉高の「エロイタズラ」が炸裂しているようだ。

「以前から彼女はスタッフや共演者に対して『ひざカックン』『急に耳に息を吹きかける』といった他愛もないイタズラを仕掛けることで有名でしたが、今回は『イタズラの刺激がかつてなくハンパない』とスタッフの間でもっぱらの話題です」(テレビ関係者)

 今、彼女の中でブームとなっているイタズラとは他でもない、V字回復のキーワードともかぶる「積極的な露出」にあるという。

「わざとスカートをはだけてナマ足を露出するのは序の口で、あろうことか『ノーブラでナマ乳の谷間を見せつけられた』というスタッフまでいる始末です。クランクインから日に日にエスカレートしていますよ」(テレビ関係者)

 こうした過激なイタズラの中にも、吉高流のこだわりがあるようで、

「見せられて困惑するスタッフを見て楽しむという彼女ならではのイタズラなんですが、『わた定』スタッフの士気を高める意図も少なからずあるのでしょう。実際、思わぬ眼福にあずかった男性スタッフは大はしゃぎしていましたよ」(テレビ関係者)

 ナマ乳を露出してまでドラマに貢献するというわけか。その裏には、吉高の人知れぬ悩みも見え隠れしていた。4月に行われた同作の制作会見で、

「昨日、すごい落ち込んでギャン泣きした」

「今日ここに立ちたくないぐらいメンタルがえぐれてた」

 と吐露したのだ。

「先日、彼女本人が落ち込んだ理由について『思いどおりの演技ができなかった』という悩みだったと明かしていました。そこまで思い詰めていることを踏まえると、エロイタズラにも感慨深さを感じます」(テレビ関係者)

 はたして、吉高の思惑どおりに数字は跳ね上がるのか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、「バストの張り」良好ぶりを裏打ちした?渡部建の“豊洲バイト”
2
日テレ河出奈都美、“ポスト水卜麻美”が見え始めた「爆裂バスト」アピール加速
3
「バスト強調」艶系人気動画、突如登場「2代目」に視聴者が戸惑う“形状の違い”
4
バストが揉みしだかれて!?井上和香、「目を閉じ口を半開き顔」写真に熱視線
5
ダレノガレ明美、トレ写真で魅せていたバスト渓谷&衝撃「下腹部盛り上がり」!