芸能

吉高由里子「わたし、定時で帰ります。」視聴率UP大作戦(2)わざとスカートをはだけて

 実はこの日ばかりではなく、「吉高はプライベートでもつけてないでは?」という説がまことしやかに語られているという。この疑惑について、テレビ関係者が口を開く。

「我々の間では知られた話です。疑惑ではなく事実だと言えるでしょうね。以前から彼女は『ブラジャーしないほうが楽』と公言していまして、08年の映画『蛇にピアス』(ギャガ)で惜しげもなく一糸まとわぬ姿を披露しているように、見られることに抵抗はありません。もちろん『わた定』の収録に来る時の私服も、基本的につけないようですね」

 そんな同作の収録現場では日々、吉高の「エロイタズラ」が炸裂しているようだ。

「以前から彼女はスタッフや共演者に対して『ひざカックン』『急に耳に息を吹きかける』といった他愛もないイタズラを仕掛けることで有名でしたが、今回は『イタズラの刺激がかつてなくハンパない』とスタッフの間でもっぱらの話題です」(テレビ関係者)

 今、彼女の中でブームとなっているイタズラとは他でもない、V字回復のキーワードともかぶる「積極的な露出」にあるという。

「わざとスカートをはだけてナマ足を露出するのは序の口で、あろうことか『ノーブラでナマ乳の谷間を見せつけられた』というスタッフまでいる始末です。クランクインから日に日にエスカレートしていますよ」(テレビ関係者)

 こうした過激なイタズラの中にも、吉高流のこだわりがあるようで、

「見せられて困惑するスタッフを見て楽しむという彼女ならではのイタズラなんですが、『わた定』スタッフの士気を高める意図も少なからずあるのでしょう。実際、思わぬ眼福にあずかった男性スタッフは大はしゃぎしていましたよ」(テレビ関係者)

 ナマ乳を露出してまでドラマに貢献するというわけか。その裏には、吉高の人知れぬ悩みも見え隠れしていた。4月に行われた同作の制作会見で、

「昨日、すごい落ち込んでギャン泣きした」

「今日ここに立ちたくないぐらいメンタルがえぐれてた」

 と吐露したのだ。

「先日、彼女本人が落ち込んだ理由について『思いどおりの演技ができなかった』という悩みだったと明かしていました。そこまで思い詰めていることを踏まえると、エロイタズラにも感慨深さを感じます」(テレビ関係者)

 はたして、吉高の思惑どおりに数字は跳ね上がるのか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
2
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
5
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”