芸能

吉高由里子「わたし、定時で帰ります。」視聴率UP大作戦(2)わざとスカートをはだけて

 実はこの日ばかりではなく、「吉高はプライベートでもつけてないでは?」という説がまことしやかに語られているという。この疑惑について、テレビ関係者が口を開く。

「我々の間では知られた話です。疑惑ではなく事実だと言えるでしょうね。以前から彼女は『ブラジャーしないほうが楽』と公言していまして、08年の映画『蛇にピアス』(ギャガ)で惜しげもなく一糸まとわぬ姿を披露しているように、見られることに抵抗はありません。もちろん『わた定』の収録に来る時の私服も、基本的につけないようですね」

 そんな同作の収録現場では日々、吉高の「エロイタズラ」が炸裂しているようだ。

「以前から彼女はスタッフや共演者に対して『ひざカックン』『急に耳に息を吹きかける』といった他愛もないイタズラを仕掛けることで有名でしたが、今回は『イタズラの刺激がかつてなくハンパない』とスタッフの間でもっぱらの話題です」(テレビ関係者)

 今、彼女の中でブームとなっているイタズラとは他でもない、V字回復のキーワードともかぶる「積極的な露出」にあるという。

「わざとスカートをはだけてナマ足を露出するのは序の口で、あろうことか『ノーブラでナマ乳の谷間を見せつけられた』というスタッフまでいる始末です。クランクインから日に日にエスカレートしていますよ」(テレビ関係者)

 こうした過激なイタズラの中にも、吉高流のこだわりがあるようで、

「見せられて困惑するスタッフを見て楽しむという彼女ならではのイタズラなんですが、『わた定』スタッフの士気を高める意図も少なからずあるのでしょう。実際、思わぬ眼福にあずかった男性スタッフは大はしゃぎしていましたよ」(テレビ関係者)

 ナマ乳を露出してまでドラマに貢献するというわけか。その裏には、吉高の人知れぬ悩みも見え隠れしていた。4月に行われた同作の制作会見で、

「昨日、すごい落ち込んでギャン泣きした」

「今日ここに立ちたくないぐらいメンタルがえぐれてた」

 と吐露したのだ。

「先日、彼女本人が落ち込んだ理由について『思いどおりの演技ができなかった』という悩みだったと明かしていました。そこまで思い詰めていることを踏まえると、エロイタズラにも感慨深さを感じます」(テレビ関係者)

 はたして、吉高の思惑どおりに数字は跳ね上がるのか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】