女子アナ

TBS山本里菜、デートでの“ドヤ顔”ショットに「わざと撮らせてた」の声まで!

 その目立ちたがり屋な性格を考えれば、あり得るかもしれない?

 TBSの山本里菜アナが外資系金融機関に勤める須藤元気似の一般男性との熱愛を5月14日発売の写真誌「FLASH」が報じている。

同誌によれば、2人は4月下旬に栃木県内のアウトレットモールでショッピングデートを楽しんでいたそうで、現在は都内のマンションで同棲生活を送っているのだとか。また、同誌には彼が運転する真っ赤なベンツのオープンカーの助手席に乗り、「ドヤ顔」を浮かべる山本アナの写真も掲載されている。

 山本アナは現在入社2年目の若手ではあるが、バラエティ番組「サンデー・ジャポン」の進行アシスタントを務めるなど、人気上昇中の同局期待の星。そのため、これからまだまだブレイクしていく見込みがある中での、ここにきて痛恨の熱愛報道とあって、本人も困惑していることだろう。

 しかし、ネット上では「これで次週のサンジャポで見せ場が増えましたね」「目立つチャンスってことで内心ガッツポーズしてそう」など、今回の熱愛報道が山本アナにとって追い風になるのでは? と予測する声が上がっている。さらには「このドヤ顔写真って、カメラに気付いてないか」「この人なら目立つためにわざと撮られてそう」など、山本アナがわざと週刊誌に熱愛スクープを撮らせたのでは? という疑惑の声まで上がっている状態だ。

「いちOLであり、バラエティ番組ではサポート役に回る女子アナにとっては本来、熱愛現場は撮られたくないものでしょうが、山本アナはむしろタレントのほうが向いているのではないか?と思ってしまうほどの目立ちたがり屋。今年2月に放送されたバラエティ番組『有田哲平の夢なら醒めないで』では、テレビに映るために“泣き方”を研究していることを告白。少しでもワイプで映るためにと、自宅でスマホのインカメラ機能を用いて、テレビ映りを気にしながら泣く練習をしているそうですが、番組MCのくりぃむしちゅーの有田哲平からは『そこでやっぱ、“映りてえ”ってなることが普通のタレントさんと同じなんですよ』とツッコまれてました。また、インスタグラムでいいねをたくさんもらうためにわざわざ京都に出向いたというエピソードも話していましたし、とにかく目立つことが大好きなんです。そんな目立つための努力を惜しまない山本アナですから、世間の注目が自分に集まっていることをむしろチャンスととらえているかもしれませんね」(エンタメ誌ライター)

 とりあえずは今週の「サンジャポ」のオンエアでの本人のコメントを待ちたいところだ。

(権田力也)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
3
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】
4
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
5
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか