芸能

太川陽介&蛭子能収の「バス旅」ついに復活もファンが感じた“改悪部分”とは?

 17年1月を最後に「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」(テレビ東京系)を引退していた太川陽介と蛭子能収のコンビが、5月16日放送の「太川蛭子の旅バラ」で復活。ふたたびバス旅に挑んだ。2人がコンビを組んでバス旅をするのは2年4カ月ぶり。バス旅ファンの評価はいいようで、「やっぱり2人のコンビはおもしろい」「バス旅最高。新コンビには出せない味」といった声がSNSには上がっている。

 だが、いくつかの変更点は不評だ。

「一番不満が上がったのはナレーションです。これまでキートン山田が担当していましたが、バカボン鬼塚に交代しました。キートン山田はひょうひょうとした語り口でコンビをサポート、時には蛭子にツッコミを入れるなど、表には出ない“バス旅のもうひとつの顔”でした。交代の理由は明らかにされていませんが、田中要次と羽田圭介の『Z』はキートンと太川が担当しているので、差をつけたかったのかもしれません」(テレビ誌ライター)

 これには「違和感を覚える」「前のほうがよかった」と否定的な意見が続いた。

 さらに一番大きな変更点はタクシー利用が可能になったこと。2日間で1万円までという条件はあるものの、バスがない区間で歩かなくてもよくなった。今回はこのルールをフル活用。上限の1万円まできっちり使い、旅を成功させている。

「これは歩くのがつらくなってきた蛭子のためにできた新ルールです。蛭子はホッとしていることでしょう。ただ、視聴者にしてみると、蛭子が苦しむところが見られなくなったわけです。『他人の不幸は蜜の味』とばかりに、蛭子の苦しむ姿を見て楽しむファンもいました。そういう人たちにしてみれば、“ルール改悪”と言えるでしょう」(前出・テレビ誌ライター)

 さらに不満の声が上がったのはロケ日数。前のバス旅は3泊4日で行われたが、今回は1泊2日。「ボリュームが少ない」「内容が薄く感じる」と否定的な意見が上がっている。

「1泊2日になったことで、バスの運行終了後から宿泊するまでのやりとりが1回だけになってしまいました。実はこの場面はバスにこそ乗らないものの、見どころがあるとしてファンには人気なんです。蛭子の宿交渉のやりとりは爆笑もの。また、ホテルの部屋を確認する際、太川が蛭子のベッドに寝転んで嫌がらせをするのはお約束。そして食事の時に太川がビールをグイッとあおるシーンはもはや名物になっています。それが3回から1回に減ってしまいました」(前出・テレビ誌ライター)

 短縮された理由は「旅バラ」のロケが1泊2日だからで、毎週放送するためには3泊4日では難しいのだろう。

「短くなったのは残念ですが、もちろん、いい点もあります。前のバス旅は年3回のペースで放送されてきましたが、今度のバス旅はすぐに次が放送されるようです。楽しみですね」(前出・テレビ誌ライター)

 新ルールを追加し、変更を受けて新たなスタートを切ったバス旅。太川陽介と蛭子能収の旅路がどうなるのか、今後も注目だ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ永島優美、激し過ぎる本格ダンスでやっぱり見えちゃった“バストの奥”!
2
畠山愛理も霞む”Eバスト”!NHK副島萌生の「色香滴り」衣装にネット騒然
3
「三角」はイヤ!西野七瀬「水着嫌い」告白にファンから逆に歓喜の声
4
あの「りさお姉さん」が強そうになってる!ガッチリ化にパパたちの涙
5
石川佳純が“極太棒”を手に…思わずニンマリの妄想爆発ショットとは?