芸能

視聴率撃沈の大河「いだてん」に大幅なテコ入れができない理由があった!?

 NHK大河ドラマ「いだてん」の低調ぶりが止まらない。5月12日放送の第18話は視聴率8.7%に留まり、14週連続のひとケタを記録している。本作では初回放送の15.5%こそ前作の「西郷どん」の15.4%を僅差で上回ったものの、第2話以降は全敗の有様。しかも「西郷どん」のひとケタ視聴率は第37話の一回だけに過ぎず(それも9.9%)、「いだてん」の低調ぶりはあまりにも際立っているのである。

「この体たらくにさすがのNHKも、第7話終了時点という異例の早さでハイライト放送を投入しましたが、第8話は前週から0.2ポイント減に終わる始末。さらには主人公・金栗四三(中村勘九郎)の妻役を務める綾瀬はるかが行水で肌見せという艶シーンまで断行するも、やはり空振りに終わりました。そして現在は新キャラを投入するわけでなし、宮藤官九郎が手掛ける脚本を手直しするとの話もなく、もはやテコ入れさえあきらめたかのようです。まだ折り返し地点にさえ達していないのに、早くも白旗かとテレビ関係者を驚かせています」(テレビ誌ライター)

 よもやNHKはこのまま、大河ドラマ58作目にして初となる〈シリーズ平均視聴率が10%割れ〉という現実を受け入れてしまうのだろうか。前出のテレビ誌ライターは、その可能性は小さくないと、こう指摘する。

「もはやNHKは主演の中村勘九郎と共に玉砕する覚悟かもしれません。低視聴率が続けば当然、戦犯探しが始まるわけですが、NHKとしては歌舞伎界を代表する名跡・中村屋の一員である勘九郎の顔に泥を塗るわけにはいかないのです。父親の中村勘三郎も99年に大河ドラマ『元禄繚乱』で主役を務めていますし、勘九郎親子のNHKへの貢献度は大きい。それゆえここで話題のタレントを入れてテコ入れを図ろうとでもしたら、低視聴率の原因は勘九郎にありと宣言するも同じですから、その愚を犯すわけにはいかないでしょう。その一方で脚本の宮藤官九郎も連続テレビ小説『あまちゃん』を大ヒットさせるなど、NHKとの蜜月関係はおなじみ。それゆえキャストを変えず、脚本もイジらず、低視聴率の原因を“ネット時代の必然”といった外部要因に求めることで、総括を図るのではないでしょうか」

 この「いだてん」では目まぐるしい展開に高齢の視聴者がついてこられないとの評価も多いが、その点についても「新時代の大河を目指した実験的作品」と言い逃れることができるのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
隙間から見えてる!?島崎遥香、カメラに映っちゃった「美バスト」にファン熱視線
2
石川佳純のバストが急成長中!?大人ボディへの進化に戸惑う声も…
3
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”
4
「反則すぎだよ」の声も!「特捜9」、伊東四朗のセリフにファン感涙のワケ
5
乃木坂46、「46時間テレビ」で続出した「艶っぽ突発事態」にファン過剰反応