芸能

佐藤浩市のおかげで「空母いぶき」の共演俳優にスポットライト当たったワケ!

 5月24日公開の映画「空母いぶき」で首相役を演じている佐藤浩市の発言をきっかけに始まった「佐藤は三流役者なのか」論争だ。あらためて、その経緯を振り返っておくと、かわぐちかいじ氏による同名原作漫画が連載されている5月10日発売「ビッグコミック」には、佐藤のインタビューを掲載。その中で佐藤は首相役をやりたくなかった理由を〈体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残っているんですね〉と前置きし、そのうえで自分なりに作り出した首相像を常備薬を手放せない〈ストレスに弱く、すぐにお腹を下す設定にしてもらったんです〉と説明。

 この発言に対し作家の百田尚樹氏が〈三流役者が、えらそうに!! 何がぼくらの世代では、だ。人殺しの役も、変態の役も、見事に演じるのが役者だろうが!〉とツイッターに投稿。今度は百田の発言に対し、ラサール石井や黒沢年男、お笑いコンビ・ウーマンラッシュアワーの村本大輔らがツイッター上で持論を展開する騒ぎへと発展したのだ。

「さらに現在では、映画で自衛隊のアルバトロス隊隊長を演じる市原隼人が映画公式ホームページに寄せているコメントに注目が集まっているようです。市原はこの作品に出会えたことを誇りに思うと言い、さらに『改めて自分の中の大和魂、愛国心が掻き立てられました』(原文ママ)と締めくくっているんです。ネット上では『市原のこの発言なら百田尚樹もお喜びなのでは』『佐藤のような役者もいれば、市原のような役者もいることが健全でしょう』といった声があがっているようです」(女性誌記者)

 賛否両論言い合える社会であることこそ健全なのは、言うまでもないだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
カラテカ入江の闇営業より悪質!?ファンを食い物にする「ダフ屋芸人」がいた!
2
芸能美女の“生娘卒業”(7)加藤綾子、“早過ぎた初体験”が婚期遅らせた!?
3
「ゴリ押し?」渡辺美奈代、長男の突如のアイドルグループ加入に違和感の声
4
小島瑠璃子、オーバーオール姿が“素肌にエプロン”状態で男たちが歓喜!
5
ニュースが入ってこない!? NHK桑子真帆、男たちを陶然とさせた「透け素材」