政治

橋下徹VS国会議員団「空中分解バトル」がアホすぎまっせ!(2)制御不能のベテラン議員

今回の四分五裂の危機は、維新の会結党時から指摘されていた。

 例えば、結党に自民党から参画した松浪健太衆院議員(41)は、選挙戦を前にブログに書いた記述で、橋下氏の怒りを買った。松浪氏がわびて、橋下氏も応援に駆けつけるなど和解したはずだったのだが‥‥。

 政治部デスクが言う。

「選挙戦中に松浪氏は支援者の前で、『今のうちだけですよ。好き勝手にできるのは‥‥。あのガキが!』と言ったそうです。選挙の顔として橋下氏を利用させてもらって、当選したら橋下氏には何も言わせないということです。年下の松浪氏が年上の橋下氏に『ガキ』と言ったのも、国政ではこっちが先輩だという意識の表れでしょう」

 若手議員の松浪氏でさえ先輩風を吹かすのだから、ベテランとなると手に負えない。

 国会議員団代表の平沼赳夫衆院議員(73)が維新の会初の代表質問で真っ先に取り上げたのが「皇統」だった。維新の会が最優先に掲げる「地域主権」などは、二の次なのである。

 さらに、原子力規制委員会の同意人事の採決では、維新の会は「賛成」で申し合わせていたが、平沼氏は起立しなかった。しかも、共同代表である石原慎太郎衆院議員(80)もそろって着席していた。

 今回の騒動が勃発した時には、石原氏はカゼをこじらせ入院していた。

「重病説も流れましたが、『橋下くんらしい』と電話で話したのですから、元気なのでしょう。そもそも野党の党首に収まるつもりなどなかった石原氏にとってみれば、国会をサボりたいだけだったのかもしれません」(前出・政治部デスク)

 まったく橋下氏の統制が利かない状態なのだ。

 政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏はこう話す。

「一連の組織統治に不安を抱える事態に、橋下氏の怒りが爆発した。その結果、今回の騒動になったと思われます。与党幹部からは『国対の協議の場で、維新の会は信用ならない。民主党のほうがまだマシだ』という声が聞かれるほど、維新の会内部は意見統一ができない。このバラバラの状態を打開する、つまり東と西の溝を埋めるには、橋下氏が参院選に出馬するしかないのではないでしょうか。若手議員からのそうした要望の声は日増しに強まっています」

 とはいえ、「大阪都構想」もいまだ実現していない。さらには、大阪市営地下鉄と市立幼稚園の民営化問題など、橋下氏が市長として抱える問題は山積している。とうてい、夏の参院選までに片づくとも思えない。

 そのため、今回の橋下氏のキレぶりは、単なる市政での不覚を隠すためのパフォーマンスなのではとも言われている。

 政治評論家の有馬晴海氏はこう分析する。

「もともと、橋下氏は今日言ったことを、明日には撤回。今日、怒ってみせた相手と数日後に和解するということを繰り返している。パフォーマンスというよりも、そういう戦略的な生き方をしてきた人なのだと思います。今回の騒動でも、『野党としての哲学』という言葉を使った。これも戦略の一環のはずです。つまり、野党が結集して自民党への対抗軸を作っていこうという呼びかけであり、野党結集がうまくいかないことの焦りの表れとも言えるのではないでしょうか」

 もはや、このバトルにツッコミを入れるどころか、「アホすぎまっせ」とアキレてしまうばかりなのだ。

カテゴリー: 政治   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
4
撤退バイデン「老害批判」のトランプに「当選すればお前こそ老いぼれ大統領」最高齢記録更新の大ブーメラン
5
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」