芸能

田口淳之介逮捕でさらに「KAT-TUN」の名が廃れた現メンバー3人の“悲哀”

「KAT-TUNが今も3人で活躍している中、(報道の中で)『元KAT-TUN』とついてしまうと、名前に傷が付く。もう少し自覚を持ってほしかった」

 田口淳之介容疑者の法律違反の薬物所持による逮捕に関して、司会を務める情報番組「ビビット」(TBS系)で、そう苦言を呈していた、TOKIOの国分太一。

「みずからも昨年、山口達也が強制わいせつ容疑で書類送検され、グループの名前に傷をつけられたばかりなだけに、その言葉には重みがありましたね」(芸能記者)

 2001年に亀梨和也、赤西仁、田中聖、田口、上田竜也、中丸雄一の6人で結成されたKAT-TUN。そのネーミングは、それぞれの名前の頭文字がつなげられていることは有名だ。しかし、06年にCDデビューを果たし大ヒットを記録したものの、10年に赤西が脱退、13年には田中が、そして17年には田口が脱退し、残された3人での活動を余儀なくされた。

「ジャニーズJr.時代の赤西、亀梨の人気は絶大で、その2人を擁するKAT-TUNは“ポストSMAP”の最有力候補として、ファンはもちろんのこと、事務所からも大いに期待されていました。しかし、赤西脱退のドタバタで、急激に勢いをなくしてしまいましたね」(夕刊紙記者)

 苦しい活動状況を象徴するのは、前述のネーミングの扱いである。

「当初はKが亀梨で、Aが赤西というように、一人一文字が割り当てられていましたが、現在はファンの間で“KA”が亀梨、“T-TU”が達也からの上田、“N”が中丸という、悲しすぎる通説が強引な感じで出来上がっています」(前出・夕刊紙記者)

 とことんツイていてないKAT-TUNの奮起に期待したい。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(3)『ギャル枠』はみちょぱの一人勝ち
2
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(1)本田翼は楽屋での毒づきが…
3
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(2)結果が出せない宇垣美里
4
野呂佳代 石橋貴明も大激賞した「小籠包事件」(2)有吉の罵声で体を張るように
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)