社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<心電図>「波形が『正常』でも油断できない理由」

 健康診断で必ず行われる「心電図検査」。あおむけに寝て電極の装置を付けられるが、体の何の検査をしているのかわからない人も多いのではないか。心電図という装置を通して心臓の電気活動をグラフで見ることができると同時に、心拍数の測定も行っているのだ。

 一般的な健康診断で行われるのは「安静時心電図検査」。心臓は規則的に電気が発生して流れているが、心臓のリズムが一定にならない場合、異常波形が出現し「不整脈」が疑われる。また、心臓周りの血管が詰まったり、細くなったりして起こる「虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)」も診断可能だ。

 ただし、「狭心症」や「不整脈」を見分けるには、発作時でないと心電図波形に変化が見られないことがあるため、「安静時心電図検査」が「正常」だったからといって油断はできない。また、「心臓弁膜症」などは、症状がかなり進行しないと心電図波形に変化が見られない。

「安静時心電図検査」で発見しやすいのは、狭心症より進行した「不安定狭心症」「心筋梗塞」「急性心筋梗塞」「心臓肥大」など。もし「不整脈」や「狭心症」が疑われた場合は、二次検査として、携帯型のホルター心電計を装着し、24時間心電図を記録する「ホルター心電図検査」や、運動時の心電図を記録し、運動時に異常が現れないかを調べる「運動負荷試験」を行う場合もある。

 この2つの検査で「不整脈」と診断された場合は、より高度な「電気生理学的検査」が行われる。これは、カテーテル(電極のついた細い管)を静脈に入れて心臓まで進め、心臓を電気刺激してその時の心臓の反応を調べる。また「狭心症」や「心筋梗塞」が疑われた場合は、心電図を取りながら心臓の撮影をする「冠動脈CT検査」などの検査が行われる。

 心臓突然死を防ぐためにも、定期的な心電図の検査が重要だ。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ
2
ビッグダディ元妻・美奈子のドキュメンタリー番組で気になる中島知子の“いま”
3
滝クリがおもてなし婚で見返した!?あの同期アナに“敗北し続けた”青学時代
4
宇垣美里は論外!?吉川美代子が斬った田中みな実・小川彩佳との女子アナ力の差
5
浜崎あゆみ「暴露本」では語られていない“本当にヤバい過去”