芸能

亀梨和也が「ストサガ」爆死戦犯扱いでも“オイシイ”ウラ事情とは

 5月30日放送の8話目までで、最高視聴率が初回の7.8%というお寒い状況が続く、フジテレビ系の木曜劇場「ストロベリーナイト・サーガ」。8話ではこれまでで最低の5.2%となり、もはや修正不可能の気配だが、テレビマンの間では“戦犯は誰なのか”の話題で持ちきりだという。

「W主演の一方の二階堂ふみについては、その熱演ぶりからそれほど悪評は聞こえてきません。むしろ、もう一方の亀梨和也に批判が集中していますよ」

 とは、制作会社関係者。

 亀梨は二階堂演じる姫川玲子警部補の部下で、姫川に密かに恋心を抱く菊田和男巡査部長役。しかし、7話からは菊田に暴力団会長の牧田勲という強力なライバルが現れ、これを山本耕史が演じている。

「8話では牧田が車内で強引に姫川にキスを迫り、姫川も結局、それを受け止めてしまったのですが、その山本が実に貫禄がありサマになっている。役柄上、仕方のないことですが、亀梨の存在感はますます薄れるばかりで『オファーを受けるべきではなかったのではないか』との声も聞こえるほどです」(前出・制作関係者)

 そもそも亀梨は、ここ2、3年でも民放各局の連続ドラマの主演に起用されているが、平均視聴率が10%を超えた作品は皆無。いまだに14年前の「野ブタ。をプロデュース」や8年前の「妖怪人間ベム」(いずれも日本テレビ系)が代表作という有様で、今回はそれに追い打ちをかけるような酷評が広がっているわけだが、それでも今の亀梨にとっては大きな意味があったとする見方もある。

「亀梨は『ストサガ』の評題曲『Rain』を歌っていますが、これはKAT-TUNとしてではない初のソロシングルで、5月15日にリリースされた初週でシングルセールス1位にもなっている。KAT-TUNが3人のみとなってしまった今、アーティスト志向の強い亀梨としては、ドラマよりむしろソロでの歌手活動が最重要ともいえる。そのため、それが上々の滑り出しをしたという意味では大きいと言えます」(芸能プロ関係者)

 一人だけオイシかったのかも?

(津田昌平)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
4
NHK桑子真帆は「コンバート」も鉄壁守備不変!女子アナ「仁義なき契約更改」
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性