芸能

もはや“闇しんご”! 楽しんご、闇営業で「吉本解雇」報道も世間からは納得の声

 やっぱり、完全にヤバい人だった?

 カラテカの入江慎也が事務所を通さずに直接ギャラを受け取る“闇営業”を行ったことで、所属事務所の吉本興業から契約解除されたが、「ラブ注入!」のギャグで知られる芸人の楽しんごも、その2カ月ほど前にこちらも闇営業が原因で同事務所を契約解除されていたことを「週刊女性PRIME」が報じている。同サイトによれば、楽しんごは18年3月に渋谷りゅうきとお笑いコンビ「おいなりさん」を結成しているが、全国を飛び回り闇営業を行っていたという。その中で運営側が営業がもしかしたらなくなるかもしれないことも踏まえて、仮で楽しんごに営業のオファーをしていた案件があったとか。ところが、結果的にその仮オファーが流れて無しになったことで、楽しんごは激怒。その仕事のために、ほかの仕事のオファーを断っていたという理由から「営業補償を払え」と強引に迫り、その恐喝まがいの言動が吉本の耳に届き、契約解除という流れにつながったというのである。

 この楽しんごも闇営業が原因で事務所解雇されていたという報道を知った世間の人々からは「この人ならあり得る」「暴力事件も起こしてたし、危ないイメージしかない」「闇営業なのに脅迫まがいなこともするとか普通に考えたらリスクあるの分かるだろ。いろいろとヤバい奴だな」「元から闇が深い人だし、もはや芸名を“闇しんご”に変えるべき」などといった声が上がるなど、楽しんごが闇営業に走っていたことに大した驚きはないようだ。

「楽しんごといえば2013年に元付き人の男性の顔などを複数回殴り、全治約1週間のケガを負わせ、傷害容疑で書類送検されるという過去があります。そのため、恐喝まがいの言動に出るのもなんとなく納得できますが、本当に凝りませんね。現在は他事務所に所属してユーチューバーとして活動するほか、プロレスラーとしてもデビューしていますが、すでに問題を起こしそうなニオイがプンプンしますね」(エンタメ誌ライター)

 今回の報道で“危ない人”という世間からのイメージが色濃くなってしまっただけに、今後の好感度回復もかなり厳しいだろう。

(佐伯シンジ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
4
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
5
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”