政治

歴代総理の胆力「松方正義」(1)近代日本最大の財政家

 明治新政府には、大久保利通、井上馨、伊藤博文、陸奥宗光など政治的リーダーシップを発揮した人材は多々いたが、国の台所を賄うことには常に四苦八苦で、経済・財政理論に基づく財政家は乏しかった。背景には国家予算の「入」と「出」のバランスを取ることで、国家の安定を保つという発想がなかったことがある。

 松方正義がその財政の指揮を執るまでは、やたらと紙幣を刷って借り入れを続ける一方、多くの藩札の出回りもあって、通貨は乱れに乱れていた。加えて、歳入の確保といった財政の基礎すらの認識もなく、新政府といってもいつ潰れてもおかしくない状況にあった。ここに登場したのが、大蔵大臣兼務で内閣を組織した松方ということだったのである。

 薩摩藩士の4男だった松方は、藩校の「造士館(ぞうしかん)」で学んだのち、いくつかの役所に勤めたが、その謹厳実直な性格、落ち度のない仕事ぶりから、藩士・島津久光の側近に取り立てられたのが“出世街道”への第一歩であった。

 維新後は、日田県(いまの大分県の一部)知事に就任、明治6(1873)年から8年間を費やして、大久保利通のもとで地租改正に携わった。これにより「土地は商品」が定着、以後、土地の私有権が認められることになった。一方で、松方はこの地租を国家の主財源とすることに尽力もしたのだった。

 そうした中で、明治10(1877)年の西南戦争で再び戦費のための不換紙幣の増発をやむなくされ、インフレが急速に進むことになる。その1年後、松方は渡仏、同国蔵相のレオン・セーから近代財政学を学んで帰国した。松方は、フランス仕込みの新たな財政観の中で、兌換(だかん)紙幣制度を確立するなど不換紙幣の回収、その実現に乗り出した。通貨の信用を旨とした兌換紙幣発行の唯一の銀行たる中央銀行としての、日本銀行を創設したのだった。このあたりが、事実上の日本資本主義のスタートということになる。

 一方、大蔵卿・大蔵大臣歴じつに14年7カ月、フランスの近代財政学による松方の放漫財政から一転の厳しい緊縮財政方針は、反作用もまた招くことになった。地租改正の犠牲になった貧農者による「農民一揆」の勃発、没落を余儀なくされた士族も続出するなど、デフレ現象を招いたということであった。これが世に言う「松方デフレ」とされる不況で、松方は近代日本の財政の礎をつくったと同時に、民衆の抵抗、反発、すなわち階級社会への“先鞭”もまたつけてしまったと言ってよかったのだった。

 こうした近代国家への過程で、兌換紙幣制度を創設するにあたり、松方は、次のように明治天皇への上奏を行っている。

「若(も)し民心の動揺を恐れて、紙幣整理の処分を遅疑すれば到底(財政の近代化は)成功を見ることは困難である。故に其の動揺を顧みずして断行するに非ざれば、整理の目的を達成することは出来ません」と。

 ここには、松方の財政運営手法についての絶対の自信が窺えたのだった。

■松方正義の略歴

天保6年(1835)3月23日鹿児島県城下の生まれ。伊藤、黒田内閣で蔵相。56歳で、蔵相兼務の第一次松方内閣を組織。自らの内閣総辞職後の第2次山県内閣でも蔵相を務める。大正13年(1924)7月2日、89歳で死去。国葬。

総理大臣歴:第4代1891年5月6日~1892年8月8日、第6代1896年9月18日~1898年1月12日

小林吉弥(こばやし・きちや)政治評論家。昭和16年(1941)8月26日、東京都生まれ。永田町取材歴50年を通じて抜群の確度を誇る政局分析や選挙分析には定評がある。田中角栄人物研究の第一人者で、著書多数。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
深田恭子、「ルパンの娘」ボディ密着ピタピタ衣装に「フジドラマを救う!」喝采
2
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(1)マトリがリベンジに燃えるY
3
土屋太鳳がボディの「気になる部分」を告白!「それぐらいがいい」の声も
4
逮捕されないの!?マギーの「肌見せまくり」衣装に心配の声続々
5
“ブラックロケ”が白日のもとに!出川ガールズが「イッテQの驚愕舞台裏」暴露